不正報酬4000万円認めても 日産西川社長“厚顔居座り”宣言

公開日: 更新日:

 この男にだけはついていきたくない――。そう思った社員も多いんじゃないか。日産自動車の西川広人社長は5日、社内規定に違反して、かさ上げした役員報酬を不正に受領していたことを認めた。差額の報酬は返還するという。

 6月10日発売の月刊誌「文藝春秋」で前取締役のグレッグ・ケリー被告が、2013年に西川社長が株価に連動した報酬を受け取る権利の行使日を変更し、不当に4700万円多い利益を得たと主張していた。約3カ月後に社内調査で“クロ”と認定され、西川社長が追認した格好だ。

 驚いたのが西川社長のコメントだ。記者団に、「自分ではきちんと手続きをやってもらっていると思っていた」と自らの指示を否定し、「ゴーン体制時代からの仕組みのひとつだが変えていかないといけない」と、またまたゴーン被告に“罪”をなすりつけた。

 どうやら、厚かましくも今後も社長に居座り、引き続き“経営改革”の先頭に立つつもりのようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  2. 2

    豪華主演で注目!10月スタート秋ドラマの見どころを一挙に

  3. 3

    少女のレモネードスタンドにバイク野郎が大挙した感動秘話

  4. 4

    「出欠の返事ない人は椅子と食事持参で」の招待状が大ウケ

  5. 5

    藤原紀香vs天海祐希「サザエさん」主演で明暗くっきり?

  6. 6

    聴覚障害少女が初の空の旅…乗務員の深い心配りに賞賛の声

  7. 7

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  8. 8

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  9. 9

    専門家も指摘 千葉・台風被害の迅速復旧を妨げる行政怠慢

  10. 10

    その男性はなぜ見知らぬ少女の誕生日ケーキ代を払ったのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る