オニカム 槙野光昭社長<1>カカクコム創業者が美容で再始動

公開日: 更新日:

「価格.com」や「食べログ」で知られ、今も右肩上がりに成長を続ける超優良企業カカクコム。その創業者がほかでもない、槙野である。

 カカクコムが伸び盛りであった2001年、彼はなんと28歳の若さでリタイア。時価総額25億円ともいわれた株を売却、実業界から姿を消した。

「大学時代の僕の目標は“40歳、無職、貯金5億円”。大学時代の自由な時間が一番幸せだな、と思っていたので、束縛されない自由な時間を得ることが最大の目標だったのです」

 サラリーマンの生涯賃金が3億円と聞いていたので、そこに2億円を上乗せ設定した。

 端から見れば早すぎるとも言える引退劇は、さらなる事業拡大を夢見てギラギラしている多くの経営者とは違い、自由な時間を得るための目標額を十分すぎるほど達成した上での予定通りの行動だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

  2. 2

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  3. 3

    NHK岩田明子氏 祝賀パレード特番で“安倍総理”連呼の違和感

  4. 4

    モリカケの次は英語民間試験 文教利権貪る「清和会」の罪

  5. 5

    昭恵夫人また非常識露呈「饗宴の儀」に“訪問着”和服で出席

  6. 6

    国税が税制大綱改正 ソフトバンクビジネスモデルに包囲網

  7. 7

    “オバマの再来”ブダジェッジがトップランナーになる可能性

  8. 8

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  9. 9

    NHK岩田明子氏に解散明言?永田町を駆けめぐる“メモ”の噂

  10. 10

    英語民間試験に政官癒着 渦中のベネッセが抱える“深い闇”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る