射程が2倍に進化 北朝鮮弾道ミサイルと新型潜水艦の深刻度

公開日: 更新日:

 たった一発だが、甘くみたら大変なことになるようだ。

 2日午前、北朝鮮が元山北東部の海上から日本海に向けて弾道ミサイルを発射した。日本の排他的経済水域(EEZ)内に落下したとみられている。

 北のミサイル発射は今年5月から11回目。それほどショッキングでないかもしれないが、発射されたのは潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)だと北は発表している。北は16年にもSLBM「北極星」を発射し、そのときは高度、飛行距離ともに500キロだった。それが今回は最高飛行高度が910キロに達し、飛行距離は450キロだったとみられている。前回も今回も通常の軌道より高く打ち上げる「ロフテッド軌道」で発射された。

 安倍首相は2日、予定を早めて官邸入りし、「厳重に抗議し、強く非難する」と強調した。


「安倍首相は事態の深刻さに慌てたのだと思います」とは軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  2. 2

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  3. 3

    武蔵小杉は浸水…著名人が住む“元祖”セレブエリアは安全か

  4. 4

    もはや“国民的上司” 天海祐希も昔は「生意気」だった?

  5. 5

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  6. 6

    被災地尻目に自衛隊を中東派遣「防災より防衛」のアベコベ

  7. 7

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  10. 10

    教師間集団イジメ 神戸市教育委はまだ事件を放置するのか

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る