ドラレコ あおり対策で出荷台数2.5倍増、売れ筋は高機能

公開日: 更新日:

 運転の状況を常時撮影して動画で記録するドライブレコーダー(ドラレコ)の販売が急増している。

 トラブル回避や事故に絡む訴訟を有利にするため装備する動きが広がり、常磐自動車道で8月に起きたあおり運転殴打事件で弾みがついた。最近では高機能モデルがドライバーに人気だ。

 電機メーカーなどで構成する電子情報技術産業協会によると、ドラレコの国内出荷台数は2018年度に367万台と16年度の2.5倍に拡大した。近年、悪質な運転による事故が目立つようになったことが背景にある。

 常磐道での事件後、引き合いは一段と高まり、「8月の販売台数は7月の3倍に達した店舗もある」(カー用品店)という。2台のカメラで前方と後方を高画質で写すタイプや、360度撮影できて死角が少ないモデルで、2万~3万円台のものが売れ筋だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

  2. 2

    愛犬が天国に行けるよう頼んだ手紙に…神さまから返事が!

  3. 3

    橋下徹元大阪市長の発言が物議 身近に潜む“差別治水”の闇

  4. 4

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  5. 5

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  6. 6

    「ママがキスをせず出かけた!」2歳児の抗議が可愛すぎる

  7. 7

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  8. 8

    ぐずる赤ん坊と警察官…ほのぼの写真が全米に拡散したワケ

  9. 9

    生田斗真も結婚近い? 交際4年・清野菜名の舞台を2度観劇

  10. 10

    竹田恒泰氏「天皇は親戚」発言をこのまま許していいのか?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る