70歳以上なら何を?自動車保険の選び方をプロがアドバイス

公開日: 更新日:

 東京・東池袋の暴走事故では、死亡した母子のほか男女計8人を巻き込んだ大惨事となった。賠償金は高額に上るとみられている。大事故を起こせば、強制加入の自賠責保険では到底補償しきれない。事故を起こさないのは当然だが、イザという時の事態に備え任意保険の選び方にも注意を払いたい。

  ◇  ◇  ◇

 損害保険料率算出機構の「2017年度自動車保険の概況」によれば、任意の自動車保険の対人賠償・対物賠償の加入率は74%。3割弱は未加入だ。

 これだけ大事故が続いているわけだから、万が一の場合を考えてシッカリ備えておきたい。

「保険はこの5つから選びなさい」の著者で、保険評論家の長尾義弘氏はこうアドバイスする。

■重き置くべきはどんな補償か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  3. 3

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  4. 4

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  5. 5

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  6. 6

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  7. 7

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る