保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇 」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。

在野の教育者は「国家を動かすのは人民である」と主張した

公開日: 更新日:
高知市立自由民権記念館で公開された植木枝盛の書斎(C)共同通信社

 明治10年代の自由民権運動は極めてレベルが高かった。幕末、維新と変革が進む中で政府の方向がより国家主義的な内容に進むのに対して、民権思想の鼓吹者たちは人民の意識や知識を高め、これをもって政府の政策に対峙できるようにと啓蒙活動を進めた。江戸時代に寺小屋教育が成果を上げていたことも…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  4. 4

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  5. 5

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  6. 6

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  7. 7

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  10. 10

    立川談志が「柳朝んとこに入った弟子はどいつだ?」と…

もっと見る