完成後も市民閉め出し…新国立競技場なぜ自由に入れない?

公開日: 更新日:

 いつになったら、一般市民に開放されるのか――。先月30日に完成した新国立競技場のことだ。来年の東京五輪のメインスタジアムとして1569億円をかけて竣工したが、市民は“シャットアウト”されている。

 整備の事業主体である独立行政法人「日本スポーツ振興センター(JSC)」は新国立の整備に関するリーフレットの中で、〈市民に開かれた「杜のスタジアム」を創ります〉と強調したが、建物の周囲は依然として白いフェンスで囲まれたまま。「市民に開かれた」どころか、気軽に立ち入ることすらできない。

 JSCが起工式で使用した新国立のイメージ動画には周長850メートルの屋上空間「空の杜」で市民が散策したり、ジョギングする姿が描かれている。にもかかわらず、実際は閉め出しているのだ。

 なぜ、完成したのに自由に入れないのか。スポーツ庁に問い合わせると、「大会組織委員会が今後、新国立で五輪に向けた整備工事を進めていきます。したがって、フェンスを残した方が効率的との判断に基づき、組織委の要望で置いてあります」(政策課)と答えた。テロ対策などセキュリティー上の理由もあるという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    安倍首相インド訪問突然中止 永田町で飛び交う“2つの憶測”

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  5. 5

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  8. 8

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  9. 9

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

  10. 10

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る