「桜」飲食提供の昭恵夫人“知人会社” 入札前に打ち合わせ

公開日: 更新日:

 昨年の安倍首相主催の「桜を見る会」での飲食提供などの関連業務をめぐり、内閣府が入札公告前に安倍昭恵夫人と懇意とされる飲食物提供業者「ジェーシー・コムサ」(東京・渋谷区)と打ち合わせをしていたことが分かった。7日の毎日新聞が伝えた。

 問題の打ち合わせが行われたのは、入札公告の1カ月以上前の19年1月16日。内閣府の呼びかけで、ジェ社と会場設営業者「ムラヤマ」(東京・江東区)の担当者が会場となる東京・新宿区の新宿御苑に集合。内閣府から桜を見る会の日程などが伝えられたという。

 飲食物の提供については、内閣府が業者を事前に審査する「企画競争入札」が行われ、ジェ社は14~19年も連続受注。15、17年以外は同社の単独入札だった。会場設営は、入札額が一番安い業者が落札する「一般競争入札」でム社が連続受注している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  3. 3

    東出昌大“針のムシロ”長期化 良きパパのイメージが致命傷

  4. 4

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  5. 5

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  6. 6

    兜町は戦々恐々 新型肺炎拡大で日経平均2万円割れに現実味

  7. 7

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  8. 8

    日曜朝にTBS「サンモニ」が醸す安心感 人気継続2つの理由

  9. 9

    杉田水脈議員「夫婦別姓ヤジ」で安倍首相お膝元に雲隠れ

  10. 10

    背筋が凍る動機と金満 河井案里1億5000万円は政権の致命傷

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る