トランプ2回目の「弾劾裁判」審理始まる 有罪判決は困難か

公開日: 更新日:

 米連邦議会乱入事件で支持者を扇動したとして下院に弾劾訴追されたトランプ前大統領の弾劾裁判の審理が9日、上院で始まった。トランプが弾劾裁判にかけられるのは2回目。コロナ対策など重要案件が控えていることから、早期の評決が見込まれている。

 初日の審理では、弾劾裁判の合憲性をめぐって討論が行われた。トランプの責任を追及する民主党の議員に対し、トランプ側は、「憲法は公職に就いていない人物を弾劾することを想定しておらず、弾劾裁判は憲法違反」と主張した。

 10日からは双方の冒頭陳述が行われる。有罪判決には出席議員の3分の2の賛成が必要で、上院は両党が勢力拮抗。共和党には弾劾に慎重な議員が多いため、無罪評決が下される見通しだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る