保阪正康
著者のコラム一覧
保阪正康作家

1939年、北海道生まれ。同志社大卒。編集者を経て「死なう団事件」でデビュー。「昭和天皇」など著書多数。2004年、一連の昭和史研究で菊池寛賞。本連載「日本史 縦横無尽」が新書版「陰謀の日本近現代史」(朝日新聞出版)として好評発売中。

日本の思想の見本市のような空間となった中江丑吉の借家

公開日: 更新日:
佐野学は昭和初期の日本共産党の中央委員長。獄中から転向声明を発表した(C)共同通信社

 中江丑吉の人物像について続けよう。丑吉は北京で表面上は、袁世凱政府の日本人顧問役の有賀長雄の秘書という肩書も持っていた。この点では孫文に肩入れする日本人志士たちとは距離を置いていた。そして満鉄のスタッフにもなっていた。

 そういう折に、パリ講和会議…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  2. 2

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  3. 3

    中村アンvs石原さとみ 話題の“ショートカット対決”の行方

  4. 4

    テレ朝斎藤アナ“お泊まり愛”のお相手 TBS小林廣輝アナって

  5. 5

    「安心安全とは?」の本紙質問に橋本組織委会長の“迷回答”

  6. 6

    「恋ぷに」大苦戦の石原さとみが日テレに抱いた深い不信感

  7. 7

    小池女帝「都議選惨敗データ」に真っ青…都ファ30減の衝撃

  8. 8

    石原さとみ「結婚」でもキャラ変できず…北川景子との明暗

  9. 9

    「コロナは風邪」で入院 旧N国党首は自分の常識を疑え

  10. 10

    自民・武井俊輔議員「当て逃げ事故」の真相 被害者が語る

もっと見る