• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

FA片岡&大竹狙いの巨人 来季の“目玉”は楽天・嶋か

 巨人が2年ぶりにFA市場に本格参戦する。15日に交渉が解禁となる。西武の片岡治大内野手(30)、広島の大竹寛投手(30)の獲得に動く方針だ。

 ここ数年、二塁手のレギュラーが不在のチーム事情もあって、片岡の動向は継続して調査を続けていた。原監督がゾッコンの二塁手なのだ。

 08年の日本シリーズ第7戦で片岡のギャンブルスタートで決勝点を奪われ、西武に敗退。この走塁は原監督にとって衝撃だった。西武に倣い、翌年から巨人もギャンブルスタートを採用したほどだ。原監督は目の前で活躍した選手をインプットし、後に獲得に動く傾向がある。2年前にFAで獲得した杉内や村田も、対戦相手の主力として厄介な好敵手だった。「その伝でいけば、楽天の選手会長で正捕手の嶋もそうでしょう」と球界関係者がこう続ける。

「明らかに駒が足りないのに、楽天の(田中)マー君、則本、美馬らの投手陣を牽引したリード面、チームをまとめた統率力など、原監督には鮮烈な印象として残ったようです。今秋のドラフトで即戦力捕手の小林(日本生命)を外れ1位で獲得したものの、懸案事項でもある『阿部の後釜』に新人で座るのは至難の業。小林の1年目の活躍次第ですが、来季中に国内FA権を取得する嶋の獲得も視野に入れているはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る