FA片岡&大竹狙いの巨人 来季の“目玉”は楽天・嶋か

公開日: 更新日:

 巨人が2年ぶりにFA市場に本格参戦する。15日に交渉が解禁となる。西武片岡治大内野手(30)、広島大竹寛投手(30)の獲得に動く方針だ。

 ここ数年、二塁手のレギュラーが不在のチーム事情もあって、片岡の動向は継続して調査を続けていた。原監督がゾッコンの二塁手なのだ。

 08年の日本シリーズ第7戦で片岡のギャンブルスタートで決勝点を奪われ、西武に敗退。この走塁は原監督にとって衝撃だった。西武に倣い、翌年から巨人もギャンブルスタートを採用したほどだ。原監督は目の前で活躍した選手をインプットし、後に獲得に動く傾向がある。2年前にFAで獲得した杉内や村田も、対戦相手の主力として厄介な好敵手だった。「その伝でいけば、楽天の選手会長で正捕手の嶋もそうでしょう」と球界関係者がこう続ける。

「明らかに駒が足りないのに、楽天の(田中)マー君、則本、美馬らの投手陣を牽引したリード面、チームをまとめた統率力など、原監督には鮮烈な印象として残ったようです。今秋のドラフトで即戦力捕手の小林(日本生命)を外れ1位で獲得したものの、懸案事項でもある『阿部の後釜』に新人で座るのは至難の業。小林の1年目の活躍次第ですが、来季中に国内FA権を取得する嶋の獲得も視野に入れているはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  4. 4

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る