FA片岡&大竹狙いの巨人 来季の“目玉”は楽天・嶋か

公開日: 更新日:

 巨人が2年ぶりにFA市場に本格参戦する。15日に交渉が解禁となる。西武の片岡治大内野手(30)、広島の大竹寛投手(30)の獲得に動く方針だ。

 ここ数年、二塁手のレギュラーが不在のチーム事情もあって、片岡の動向は継続して調査を続けていた。原監督がゾッコンの二塁手なのだ。

 08年の日本シリーズ第7戦で片岡のギャンブルスタートで決勝点を奪われ、西武に敗退。この走塁は原監督にとって衝撃だった。西武に倣い、翌年から巨人もギャンブルスタートを採用したほどだ。原監督は目の前で活躍した選手をインプットし、後に獲得に動く傾向がある。2年前にFAで獲得した杉内や村田も、対戦相手の主力として厄介な好敵手だった。「その伝でいけば、楽天の選手会長で正捕手の嶋もそうでしょう」と球界関係者がこう続ける。

「明らかに駒が足りないのに、楽天の(田中)マー君、則本、美馬らの投手陣を牽引したリード面、チームをまとめた統率力など、原監督には鮮烈な印象として残ったようです。今秋のドラフトで即戦力捕手の小林(日本生命)を外れ1位で獲得したものの、懸案事項でもある『阿部の後釜』に新人で座るのは至難の業。小林の1年目の活躍次第ですが、来季中に国内FA権を取得する嶋の獲得も視野に入れているはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る