FA片岡&大竹狙いの巨人 来季の“目玉”は楽天・嶋か

公開日: 更新日:

 巨人が2年ぶりにFA市場に本格参戦する。15日に交渉が解禁となる。西武片岡治大内野手(30)、広島大竹寛投手(30)の獲得に動く方針だ。

 ここ数年、二塁手のレギュラーが不在のチーム事情もあって、片岡の動向は継続して調査を続けていた。原監督がゾッコンの二塁手なのだ。

 08年の日本シリーズ第7戦で片岡のギャンブルスタートで決勝点を奪われ、西武に敗退。この走塁は原監督にとって衝撃だった。西武に倣い、翌年から巨人もギャンブルスタートを採用したほどだ。原監督は目の前で活躍した選手をインプットし、後に獲得に動く傾向がある。2年前にFAで獲得した杉内や村田も、対戦相手の主力として厄介な好敵手だった。「その伝でいけば、楽天の選手会長で正捕手の嶋もそうでしょう」と球界関係者がこう続ける。

「明らかに駒が足りないのに、楽天の(田中)マー君、則本、美馬らの投手陣を牽引したリード面、チームをまとめた統率力など、原監督には鮮烈な印象として残ったようです。今秋のドラフトで即戦力捕手の小林(日本生命)を外れ1位で獲得したものの、懸案事項でもある『阿部の後釜』に新人で座るのは至難の業。小林の1年目の活躍次第ですが、来季中に国内FA権を取得する嶋の獲得も視野に入れているはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻逮捕ならトドメ 自民で激化「安倍降ろし」の動き

  2. 2

    カタギに女房を寝取られたヤクザが逆上して襲撃する時代

  3. 3

    同志社大教授・浜矩子氏「越を脱して超に入って共生する」

  4. 4

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  5. 5

    狙い目はリネン 外出自粛明けの春服セールで買うべきもの

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  8. 8

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  9. 9

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  10. 10

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

もっと見る