「腰パン」国母をアドバイザー招聘 スキー連盟の“お家事情”

公開日: 更新日:

 競技の結果よりも選手の素行に注目が集まっているのが、男子スノーボード日本代表だ。

 26日に都内で合宿中のハーフパイプ(HP)代表チームが会見。12月19日からW杯(米国・コロラド州カッパー)が再開され、ソチ五輪代表争いが熾烈になるだけに、10年世界ジュニア選手権優勝の平岡卓(18、上宮高)ら選手たちは、「五輪に出るのはもちろん、メダルを狙いたい」と、口を揃えた。

 驚いたのが、かつて世間を騒がせたあの男が指導者として名を連ねたこと。前回のバンクーバー五輪で「腰パン」が問題視された国母和宏(25、現在はプロスノーボーダー)がテクニカルアドバイザーに就任したのだ。スキー連盟は、第一人者である国母に技術面に加えて精神面のアドバイスを期待しているという。

■「なにをしでかすか分からない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  4. 4

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  5. 5

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  8. 8

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る