「腰パン」国母をアドバイザー招聘 スキー連盟の“お家事情”

公開日:  更新日:

 競技の結果よりも選手の素行に注目が集まっているのが、男子スノーボード日本代表だ。

 26日に都内で合宿中のハーフパイプ(HP)代表チームが会見。12月19日からW杯(米国・コロラド州カッパー)が再開され、ソチ五輪代表争いが熾烈になるだけに、10年世界ジュニア選手権優勝の平岡卓(18、上宮高)ら選手たちは、「五輪に出るのはもちろん、メダルを狙いたい」と、口を揃えた。

 驚いたのが、かつて世間を騒がせたあの男が指導者として名を連ねたこと。前回のバンクーバー五輪で「腰パン」が問題視された国母和宏(25、現在はプロスノーボーダー)がテクニカルアドバイザーに就任したのだ。スキー連盟は、第一人者である国母に技術面に加えて精神面のアドバイスを期待しているという。

■「なにをしでかすか分からない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る