• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「腰パン」国母をアドバイザー招聘 スキー連盟の“お家事情”

 競技の結果よりも選手の素行に注目が集まっているのが、男子スノーボード日本代表だ。

 26日に都内で合宿中のハーフパイプ(HP)代表チームが会見。12月19日からW杯(米国・コロラド州カッパー)が再開され、ソチ五輪代表争いが熾烈になるだけに、10年世界ジュニア選手権優勝の平岡卓(18、上宮高)ら選手たちは、「五輪に出るのはもちろん、メダルを狙いたい」と、口を揃えた。

 驚いたのが、かつて世間を騒がせたあの男が指導者として名を連ねたこと。前回のバンクーバー五輪で「腰パン」が問題視された国母和宏(25、現在はプロスノーボーダー)がテクニカルアドバイザーに就任したのだ。スキー連盟は、第一人者である国母に技術面に加えて精神面のアドバイスを期待しているという。

■「なにをしでかすか分からない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る