• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「“常に違う色”を出す」…岡崎慎司、W杯への意気込み語る

――日本代表には「W杯の目標は優勝」と口にする選手もいますが、13年になって負けが込む(国内組で臨んだ東アジアカップ以外で6勝2分け8敗)ようになり、優勝という目標がかすんでしまったような気がします。

「選手によっては《高い目標を設定し、その目標に向かって一直線に突き進んでいくことでモチベーションを上げる》タイプもいるし、ボクみたいに《何よりも目の前の試合で1勝を積み上げていくことでモチベーションを保つ》タイプの選手もいます。あっ、勘違いしないで下さいね。ボクも《優勝したいか?》と聞かれたら、もちろん《優勝したいです!》と答えます。結局、目標をどこに置くのか? ということよりも《どうすればW杯で自分たちのサッカーを貫き、勝ち上がれるのか?》が重要になってくるということです」

――南ア大会では岡田武史代表監督が「目標はベスト4」と発言。本大会の直前に守備的な戦い方にシフトしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る