「“常に違う色”を出す」…岡崎慎司、W杯への意気込み語る

公開日:  更新日:

――日本代表には「W杯の目標は優勝」と口にする選手もいますが、13年になって負けが込む(国内組で臨んだ東アジアカップ以外で6勝2分け8敗)ようになり、優勝という目標がかすんでしまったような気がします。

「選手によっては《高い目標を設定し、その目標に向かって一直線に突き進んでいくことでモチベーションを上げる》タイプもいるし、ボクみたいに《何よりも目の前の試合で1勝を積み上げていくことでモチベーションを保つ》タイプの選手もいます。あっ、勘違いしないで下さいね。ボクも《優勝したいか?》と聞かれたら、もちろん《優勝したいです!》と答えます。結局、目標をどこに置くのか? ということよりも《どうすればW杯で自分たちのサッカーを貫き、勝ち上がれるのか?》が重要になってくるということです」

――南ア大会では岡田武史代表監督が「目標はベスト4」と発言。本大会の直前に守備的な戦い方にシフトしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る