巨人球団社長 仕事始めで「3つのお願い」の裏に危機感

公開日: 更新日:

「心に置いて欲しいことを3つお伝えします」
 巨人の仕事始めとなった6日、桃井球団社長(67)は神妙な表情で職員に語りかけた。

 今年は球団創設80周年となる節目の年。

 まず初めに「1つ。歴史と伝統を傷つけることがないよう、チームに対して規律を求めていく」と切り出した桃井社長は、「日本一を果たすことが絶対的使命」と厳命した上で、「2つ。我々のオフィスは4万数千人のファンが集う球場です。普段から職員が球場に足を運ぶように」と要望。今月末に読売新聞東京本社の新社屋に移転する球団事務所で油を売るなら足を使えとしたのは、次のような危機感があるからだ。

「3つ。4月から消費税率が上がり、これが来場者数にどのような影響を及ぼすか読みにくい。80年の歴史の中でも(王、長嶋の)ONが出てくるまで、最初の20年は赤字に苦しんでいた。今後も右肩上がりが続くとは言い切れません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  6. 6

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  7. 7

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る