巨人球団社長 仕事始めで「3つのお願い」の裏に危機感

公開日:  更新日:

「心に置いて欲しいことを3つお伝えします」
 巨人の仕事始めとなった6日、桃井球団社長(67)は神妙な表情で職員に語りかけた。

 今年は球団創設80周年となる節目の年。

 まず初めに「1つ。歴史と伝統を傷つけることがないよう、チームに対して規律を求めていく」と切り出した桃井社長は、「日本一を果たすことが絶対的使命」と厳命した上で、「2つ。我々のオフィスは4万数千人のファンが集う球場です。普段から職員が球場に足を運ぶように」と要望。今月末に読売新聞東京本社の新社屋に移転する球団事務所で油を売るなら足を使えとしたのは、次のような危機感があるからだ。

「3つ。4月から消費税率が上がり、これが来場者数にどのような影響を及ぼすか読みにくい。80年の歴史の中でも(王、長嶋の)ONが出てくるまで、最初の20年は赤字に苦しんでいた。今後も右肩上がりが続くとは言い切れません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る