• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

綱とりかかる稀勢の里 “お膳立て”も自滅でパー

 こんな相撲では綱とりどころの話ではない。
 大相撲初場所2日目、初日に黒星を喫した稀勢の里(27)が、かろうじて妙義龍に勝利。腰高の立ち合いで踏み込めず、防戦一方。2度も土俵際に詰め寄られた。それでも左四つになってからは強さを見せ、妙義龍を投げ飛ばしたものの、「まさか連敗か」とヒヤヒヤしながら見守ったファンも多いだろう。

 初日はガチガチに緊張し、豊ノ島にあっさり敗れた。かつて初日黒星を喫しながら、怒涛の14連勝で横綱昇進を果たした九重親方(元横綱千代の富士)も、「(綱とりは)厳しいというか、もうない」とバッサリだった。

 今場所は何から何まで、横綱を狙う稀勢の里のためにあるようなものだ。まず、横綱の日馬富士が左足の靭帯損傷で休場。手ごわいライバルが1人欠けた。横綱審議委員会も、当初は「13勝以上で優勝なら横綱昇進」としていたが、後日「14勝の優勝同点(優勝した力士と勝ち星が同じ)でも可能」と下方修正。それでも、まさか初日に黒星がつくとは思ってもいなかったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  6. 6

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    X JAPAN・ToshI バラエティーで引っ張りだこの意外な理由

  9. 9

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  10. 10

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

もっと見る