綱とりかかる稀勢の里 “お膳立て”も自滅でパー

公開日:  更新日:

 こんな相撲では綱とりどころの話ではない。
 大相撲初場所2日目、初日に黒星を喫した稀勢の里(27)が、かろうじて妙義龍に勝利。腰高の立ち合いで踏み込めず、防戦一方。2度も土俵際に詰め寄られた。それでも左四つになってからは強さを見せ、妙義龍を投げ飛ばしたものの、「まさか連敗か」とヒヤヒヤしながら見守ったファンも多いだろう。

 初日はガチガチに緊張し、豊ノ島にあっさり敗れた。かつて初日黒星を喫しながら、怒涛の14連勝で横綱昇進を果たした九重親方(元横綱千代の富士)も、「(綱とりは)厳しいというか、もうない」とバッサリだった。

 今場所は何から何まで、横綱を狙う稀勢の里のためにあるようなものだ。まず、横綱の日馬富士が左足の靭帯損傷で休場。手ごわいライバルが1人欠けた。横綱審議委員会も、当初は「13勝以上で優勝なら横綱昇進」としていたが、後日「14勝の優勝同点(優勝した力士と勝ち星が同じ)でも可能」と下方修正。それでも、まさか初日に黒星がつくとは思ってもいなかったはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る