高梨沙羅の五輪金メダルを阻止する サラのW杯強行出場

公開日:  更新日:

 19日のW杯蔵王大会で通算17勝目を挙げ、日本人男女を通じての歴代最多勝利を飾った女子ジャンプの高梨沙羅(17)。無敵の強さを誇る天才ジャンパーは、「ソチ五輪での金メダルは堅い」とメディアは予想するが、アメリカの「サラ」の状態を見てみないと、メダルの色はわからないのが実情だ。

 その「サラ」とは高梨の最大のライバルといわれるW杯通算13勝を誇るサラ・ヘンドリクソン(19)だ。

 米国のサラは昨年8月下旬の練習中に右膝の前十字靭帯を損傷し、修復手術を受けた。その後、懸命なリハビリの甲斐もあって、22日に発表された米国女子ジャンプ代表に選出された。来月1、2日に行われるW杯ヒンツェンバッハ(オーストリア)大会で復帰。五輪直前、高梨と同じ舞台に立つ。

「当初サラは、五輪にぶっつけ本番で出場するはずでした。しかし、本人が五輪前に実戦で最終的な状態確認をしたいということもあり、2月1日からのW杯への強行出場を決めたようです。絶好調の高梨もこの大会に出場する予定。ここで故障明けのサラが高梨を負かせば、五輪の金メダル争いは、俄然サラが有利になる」(米スキー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る