• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高梨沙羅の五輪金メダルを阻止する サラのW杯強行出場

 19日のW杯蔵王大会で通算17勝目を挙げ、日本人男女を通じての歴代最多勝利を飾った女子ジャンプの高梨沙羅(17)。無敵の強さを誇る天才ジャンパーは、「ソチ五輪での金メダルは堅い」とメディアは予想するが、アメリカの「サラ」の状態を見てみないと、メダルの色はわからないのが実情だ。

 その「サラ」とは高梨の最大のライバルといわれるW杯通算13勝を誇るサラ・ヘンドリクソン(19)だ。

 米国のサラは昨年8月下旬の練習中に右膝の前十字靭帯を損傷し、修復手術を受けた。その後、懸命なリハビリの甲斐もあって、22日に発表された米国女子ジャンプ代表に選出された。来月1、2日に行われるW杯ヒンツェンバッハ(オーストリア)大会で復帰。五輪直前、高梨と同じ舞台に立つ。

「当初サラは、五輪にぶっつけ本番で出場するはずでした。しかし、本人が五輪前に実戦で最終的な状態確認をしたいということもあり、2月1日からのW杯への強行出場を決めたようです。絶好調の高梨もこの大会に出場する予定。ここで故障明けのサラが高梨を負かせば、五輪の金メダル争いは、俄然サラが有利になる」(米スキー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  4. 4

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  7. 7

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  8. 8

    あやまんJAPANめんそ~れ愛菜 脱退後“社長転身”で年収30倍

  9. 9

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  10. 10

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

もっと見る