• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

高梨沙羅の五輪金メダルを阻止する サラのW杯強行出場

 19日のW杯蔵王大会で通算17勝目を挙げ、日本人男女を通じての歴代最多勝利を飾った女子ジャンプの高梨沙羅(17)。無敵の強さを誇る天才ジャンパーは、「ソチ五輪での金メダルは堅い」とメディアは予想するが、アメリカの「サラ」の状態を見てみないと、メダルの色はわからないのが実情だ。

 その「サラ」とは高梨の最大のライバルといわれるW杯通算13勝を誇るサラ・ヘンドリクソン(19)だ。

 米国のサラは昨年8月下旬の練習中に右膝の前十字靭帯を損傷し、修復手術を受けた。その後、懸命なリハビリの甲斐もあって、22日に発表された米国女子ジャンプ代表に選出された。来月1、2日に行われるW杯ヒンツェンバッハ(オーストリア)大会で復帰。五輪直前、高梨と同じ舞台に立つ。

「当初サラは、五輪にぶっつけ本番で出場するはずでした。しかし、本人が五輪前に実戦で最終的な状態確認をしたいということもあり、2月1日からのW杯への強行出場を決めたようです。絶好調の高梨もこの大会に出場する予定。ここで故障明けのサラが高梨を負かせば、五輪の金メダル争いは、俄然サラが有利になる」(米スキー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  9. 9

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る