• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ゴジラフィーバー」を演出する巨人・原監督の“意図”

「菅野、ゴジラの内角えぐった!」「松井、エースに太鼓判!」

 スポーツ紙はこの日も大騒ぎだ。
 4日、巨人の松井秀喜臨時コーチ(39)が今キャンプで初めて一軍のブルペンを視察。菅野智之(24)が投球練習を始めるや、おもむろにバットを持って打席に立ったものだから、報道陣は色めき立った。

 菅野に何度もヒザ元を突かれ、腰が引ける場面が数回あった松井は、「球に力があって制球もいい。去年あれだけ勝った投手(13勝)だと感じられた」と言い、最後に「ナイスボール!」と声をかけられた菅野も、「大きいなと思った。誰でもできることではないし、貴重な経験。(松井が打席に)立ってくれたらいいなと思っていた」と興奮気味だった。

 この松井と菅野の“対決”、原監督の演出ともっぱらだ。
「この日の菅野だけじゃありません。2日に松井が坂本(25)の居残り特打ちの打撃投手を務めたのも原監督からの要望です。原監督から松井へは逐一、こいつを見て欲しい、こいつと接して欲しい、という希望が伝えられているようです」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  5. 5

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  9. 9

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  10. 10

    NEWS小山もう復帰説…ジャニ“キャスター”12人に世間の目は

もっと見る