「ゴジラフィーバー」を演出する巨人・原監督の“意図”

公開日: 更新日:

「菅野、ゴジラの内角えぐった!」「松井、エースに太鼓判!」

 スポーツ紙はこの日も大騒ぎだ。
 4日、巨人松井秀喜臨時コーチ(39)が今キャンプで初めて一軍のブルペンを視察。菅野智之(24)が投球練習を始めるや、おもむろにバットを持って打席に立ったものだから、報道陣は色めき立った。

 菅野に何度もヒザ元を突かれ、腰が引ける場面が数回あった松井は、「球に力があって制球もいい。去年あれだけ勝った投手(13勝)だと感じられた」と言い、最後に「ナイスボール!」と声をかけられた菅野も、「大きいなと思った。誰でもできることではないし、貴重な経験。(松井が打席に)立ってくれたらいいなと思っていた」と興奮気味だった。

 この松井と菅野の“対決”、原監督の演出ともっぱらだ。
「この日の菅野だけじゃありません。2日に松井が坂本(25)の居残り特打ちの打撃投手を務めたのも原監督からの要望です。原監督から松井へは逐一、こいつを見て欲しい、こいつと接して欲しい、という希望が伝えられているようです」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  4. 4

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  5. 5

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  6. 6

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  7. 7

    菅田将暉「コントが始まる」低視聴率発進となった理由2つ

  8. 8

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  9. 9

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  10. 10

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

もっと見る