日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モーグル難コースは「日本に有利」を覆した海外勢の集中力

 予選1回目が行われる直前まで「日本勢はコースの恩恵を受けそうだ」という話が関係者の間で広まっていた。

 会場の「ローザ・フートル・エクストリーム・パーク」は全長247メートル、平均斜度28度。前回のバンクーバー五輪と同じ傾斜、最大斜度32度で難コースに分類される。

 硬いコブのピッチもW杯と違い、リズムよく滑れない。公式練習ではバランスを崩して転倒したり、コースアウトする選手が続出。海外勢からは「リスキー」と不満が高まっていた。

 そのコースは、モーグルW杯が開催される猪苗代のリステルスキーファンタジア(国際スキー連盟公認)と形状が似通っているため、日本勢には有利に働く可能性があるという話だった。

 猪苗代では上村愛子(34)が2009年世界選手権金メダル。伊藤みき(26)も昨年W杯で優勝し、村田愛里咲(23)は6位入賞を果たすなど結果を残している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事