モーグル難コースは「日本に有利」を覆した海外勢の集中力

公開日:  更新日:

 予選1回目が行われる直前まで「日本勢はコースの恩恵を受けそうだ」という話が関係者の間で広まっていた。

 会場の「ローザ・フートル・エクストリーム・パーク」は全長247メートル、平均斜度28度。前回のバンクーバー五輪と同じ傾斜、最大斜度32度で難コースに分類される。

 硬いコブのピッチもW杯と違い、リズムよく滑れない。公式練習ではバランスを崩して転倒したり、コースアウトする選手が続出。海外勢からは「リスキー」と不満が高まっていた。

 そのコースは、モーグルW杯が開催される猪苗代のリステルスキーファンタジア(国際スキー連盟公認)と形状が似通っているため、日本勢には有利に働く可能性があるという話だった。

 猪苗代では上村愛子(34)が2009年世界選手権金メダル。伊藤みき(26)も昨年W杯で優勝し、村田愛里咲(23)は6位入賞を果たすなど結果を残している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  4. 4

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  7. 7

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  8. 8

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

  9. 9

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  10. 10

    M-1騒動 カンニング竹山の正論が刺さったTVの“日和見体質”

もっと見る