• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

真央「トリプルアクセルは2回」 本番直前変更までの紆余曲折

 女子フィギュアスケートの浅田真央(23)が5日、ソチへ向かう前に成田空港で報道陣に対応。武器であるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ=3A)に話が及んだ時に笑みが消えた。

 銀メダルに終わった前回のバンクーバー大会ではショートプログラム(SP)とフリー合わせて3回の3Aを決めたが、「今年に入ってからいろいろ考えた結果、2回(SPとフリーで各1回)」と明言。「バンクーバーで3A3回という目標は達成した」とし、「(フリーは1回の方が)プログラムのバランスがいいですし、得点自体はあまり変わらないので」と回数減の理由を説明した。

■「いろいろ考えた結果」

 今季は試合で3Aを完璧に決めたことはない。スケーティングは安定しており、スピンやステップでは最高評価のレベル4を何度も得ている。女子では浅田しか跳べない3Aを3回跳ぶより、スケーティングや表現力での勝負を選択したのだろう。自身は親しい関係者にも「フィギュアスケーターの集大成として、最後の五輪では技術や芸術性、表現力で勝負したい」と話しているという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    作家・中村文則氏が警鐘 「全体主義に入ったら戻れない」

  2. 2

    高プロの仰天デタラメ実態「年収1075万円以上」に根拠なし

  3. 3

    神戸市64歳職員が1日3分の“中抜け”で厳罰減給になったワケ

  4. 4

    米朝会談後に「空白の8時間」 金正恩は何をしていたのか

  5. 5

    消防士の腕で眠る赤ちゃん…写真が急拡散したそのワケとは

  6. 6

    頭を切断されて10分後にガブリ!ガラガラヘビ驚異の生命力

  7. 7

    父の遺体をBMWに乗せて埋葬…ナイジェリア男性に非難殺到

  8. 8

    原発再稼働で二枚舌 新潟県知事にくすぶる“選挙違反”疑惑

  9. 9

    “大口”止まらず…本田圭佑が「結果にコミット」と独演会

  10. 10

    蘇る4年前…ブラジルに王国の焦りとネイマール潰しの恐怖

もっと見る