2日連続競技延期…破茶滅茶ソチ五輪にブーイングの嵐

公開日:  更新日:

 17日、山間部で濃い霧が発生し、数メートル先の視界が遮られたため、競技の中止が相次いだ。16日19時から実施予定だった「バイアスロン男子15キロ」会場(標高1400メートル)も、全体が霧におおわれて湿度が上がり、コースを硬くする薬剤が効かないため、17日も競技ができず、18日に持ち越された。

「バイアスロン」は、ライフル射撃とクロスカントリースキーを組み合わせる雪上の戦い。「静」と「動」という相反する能力が求められる、欧州では人気競技だ。なかでも6大会連続の出場で、冬季五輪単独最多13個目のメダル獲得を狙うビョルンダーレン(40=ノルウェー)は「鉄人」と称され、世界的にも人気が高い。お目当ての大ベテランのプレーを楽しみにしていた観客は、2日連続の「お預け」に大ブーイングだった。

 ロシアで冬季五輪が開催されるのは初めて。そのためか、会場や宿泊施設の整備の遅れが目立った。大会直前にはスノーボード男子スロープスタイルでコースの危険性が指摘され、改善を要求する声が上がり、女子スキースロープスタイルは、あまりの難コースで転倒者が続出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る