2日連続競技延期…破茶滅茶ソチ五輪にブーイングの嵐

公開日: 更新日:

 17日、山間部で濃い霧が発生し、数メートル先の視界が遮られたため、競技の中止が相次いだ。16日19時から実施予定だった「バイアスロン男子15キロ」会場(標高1400メートル)も、全体が霧におおわれて湿度が上がり、コースを硬くする薬剤が効かないため、17日も競技ができず、18日に持ち越された。

「バイアスロン」は、ライフル射撃とクロスカントリースキーを組み合わせる雪上の戦い。「静」と「動」という相反する能力が求められる、欧州では人気競技だ。なかでも6大会連続の出場で、冬季五輪単独最多13個目のメダル獲得を狙うビョルンダーレン(40=ノルウェー)は「鉄人」と称され、世界的にも人気が高い。お目当ての大ベテランのプレーを楽しみにしていた観客は、2日連続の「お預け」に大ブーイングだった。

 ロシアで冬季五輪が開催されるのは初めて。そのためか、会場や宿泊施設の整備の遅れが目立った。大会直前にはスノーボード男子スロープスタイルでコースの危険性が指摘され、改善を要求する声が上がり、女子スキースロープスタイルは、あまりの難コースで転倒者が続出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る