ジャンプ団体銅メダル 葛西が払拭した20年間の“呪縛”

公開日: 更新日:

 その瞬間、4人がガッツポーズとジャンプで喜びを表した。

 ソチ五輪スキージャンプ団体(日本時間18日未明、K点125メートル、ヒルサイズ140メートル)で日本は清水礼留飛(20)、竹内択(26)、伊東大貴(28)、葛西紀明(41)の4人で臨み、銅メダルを獲得した。ジャンプ団体でのメダルは1998年の長野五輪以来で3度目。

 12カ国が出場したジャンプ団体。日本は8番目のスタート。1回目、トップバッターの清水、2人目は竹内、足の痛みに耐えた3人目の伊東と続き、4人目の葛西は134メートルの131.5点。4人合計507.5点で3位、上位8カ国による2回目に進んだ。その時点で1位はドイツで519.0点、2位オーストリアは516.5点。

 2回目、清水は向かい風の中、131.5メートルで132.6点。オーストリア(646.9点)、ドイツ(644.5点)との差を縮める。竹内、伊東も130メートル以上のジャンプで3位をキープするが、上位2カ国も大ジャンプで差はジリジリと広がる。日本は最後の葛西に金メダルのジャンプを託す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    遅刻の虎藤浪は無期限二軍も…「メジャー挑戦が最善」の声

  7. 7

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  8. 8

    石田純一は沖縄で女性と会食…東尾理子激怒で三くだり半か

  9. 9

    安藤裕氏 コロナ禍こそ平成の経済対策に終止符を打つべき

  10. 10

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

もっと見る