• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャンプ団体銅メダル 葛西が払拭した20年間の“呪縛”

 その瞬間、4人がガッツポーズとジャンプで喜びを表した。

 ソチ五輪スキージャンプ団体(日本時間18日未明、K点125メートル、ヒルサイズ140メートル)で日本は清水礼留飛(20)、竹内択(26)、伊東大貴(28)、葛西紀明(41)の4人で臨み、銅メダルを獲得した。ジャンプ団体でのメダルは1998年の長野五輪以来で3度目。

 12カ国が出場したジャンプ団体。日本は8番目のスタート。1回目、トップバッターの清水、2人目は竹内、足の痛みに耐えた3人目の伊東と続き、4人目の葛西は134メートルの131.5点。4人合計507.5点で3位、上位8カ国による2回目に進んだ。その時点で1位はドイツで519.0点、2位オーストリアは516.5点。

 2回目、清水は向かい風の中、131.5メートルで132.6点。オーストリア(646.9点)、ドイツ(644.5点)との差を縮める。竹内、伊東も130メートル以上のジャンプで3位をキープするが、上位2カ国も大ジャンプで差はジリジリと広がる。日本は最後の葛西に金メダルのジャンプを託す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  2. 2

    モリカケ潰しと国威発揚 安倍政権がほくそ笑む“W杯狂騒”

  3. 3

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  4. 4

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    敗れた日本戦でも露呈 コロンビアは不思議な“一流国”

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    事務所は否定も…Hey!Say!岡本圭人の脱退は時間の問題

  9. 9

    夫がキャディーに…横峯さくらは“内情の功”シード復活の糧

  10. 10

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

もっと見る