ジャンプ団体銅メダル 葛西が払拭した20年間の“呪縛”

公開日:  更新日:

 その瞬間、4人がガッツポーズとジャンプで喜びを表した。

 ソチ五輪スキージャンプ団体(日本時間18日未明、K点125メートル、ヒルサイズ140メートル)で日本は清水礼留飛(20)、竹内択(26)、伊東大貴(28)、葛西紀明(41)の4人で臨み、銅メダルを獲得した。ジャンプ団体でのメダルは1998年の長野五輪以来で3度目。

 12カ国が出場したジャンプ団体。日本は8番目のスタート。1回目、トップバッターの清水、2人目は竹内、足の痛みに耐えた3人目の伊東と続き、4人目の葛西は134メートルの131.5点。4人合計507.5点で3位、上位8カ国による2回目に進んだ。その時点で1位はドイツで519.0点、2位オーストリアは516.5点。

 2回目、清水は向かい風の中、131.5メートルで132.6点。オーストリア(646.9点)、ドイツ(644.5点)との差を縮める。竹内、伊東も130メートル以上のジャンプで3位をキープするが、上位2カ国も大ジャンプで差はジリジリと広がる。日本は最後の葛西に金メダルのジャンプを託す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  6. 6

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  7. 7

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  8. 8

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    半グレ摘発も…真空地帯となったミナミを仕切るのはどこか

もっと見る