• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドーピング発覚恐れ? ささやかれる強豪国“ソチ敬遠”情報

 大会も終わりに近づいたころにドーピング違反者が次から次へと見つかった。

 21日、バイアスロン女子12.5キロに出場して4位だったドイツ選手が今大会初めてドーピング検査で陽性反応を示した。

 翌22日は、イタリアのボブスレー男子、ラトビアのアイスホッケー男子、ウクライナのノルディックスキー距離女子。そして23日はオーストリアのクロスカントリー男子と5人が失格になった。

 メダルを獲得すれば契約スポンサーから多額のボーナスが出るため、持久力や瞬発力を高めるクスリに手を出す選手は後を絶たない。ドーピング検査をすり抜ける手口も年々巧妙になっている。

 検査に反応しない薬物が開発されるなど、チェックが年々難しくなっていることも選手が安易にクスリに手を出す背景となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る