日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドーピング発覚恐れ? ささやかれる強豪国“ソチ敬遠”情報

 大会も終わりに近づいたころにドーピング違反者が次から次へと見つかった。

 21日、バイアスロン女子12.5キロに出場して4位だったドイツ選手が今大会初めてドーピング検査で陽性反応を示した。

 翌22日は、イタリアのボブスレー男子、ラトビアのアイスホッケー男子、ウクライナのノルディックスキー距離女子。そして23日はオーストリアのクロスカントリー男子と5人が失格になった。

 メダルを獲得すれば契約スポンサーから多額のボーナスが出るため、持久力や瞬発力を高めるクスリに手を出す選手は後を絶たない。ドーピング検査をすり抜ける手口も年々巧妙になっている。

 検査に反応しない薬物が開発されるなど、チェックが年々難しくなっていることも選手が安易にクスリに手を出す背景となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事