いよいよオープン戦初登板のマー君 「全球種投げたい」

公開日: 更新日:

「今から緊張してもしょうがないです。(気持ちの高ぶりは)試合直前だと思います」

 淡々とこう言ったのは田中。1日(日本時間2日)のオープン戦(対フィリーズ)登板を翌日に控えたコメントだ。

 この日は午前10時過ぎから、チームのエース左腕・サバシアとキャッチボール。サバシアは同じ試合で先発を務める。その後は、ダッシュや瞬発力を高めるトレーニングなどで汗を流し、前日の調整は約40分間で終了した。

■「捕手のサインに従う」

「まずはしっかり自分のスタイルで自分の投球ができるかどうかです。バッターが立ちますけど、そこを確認したい。一応全球種投げたいが、キャッチャーのサインに従ってになるので。キャッチャーは誰と組むかわからないですけど、使えるボール、使えないボールもあると思うので、当日になってみないとわからない」(田中)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    小倉優子「離婚危機」の行く末…夫反撃で世間の風向き一転

  4. 4

    杏が東出昌大と離婚決意…情報は関係者リークの“お墨付き”

  5. 5

    歌舞伎町ラブホテル街で賃貸経営が成功したもっともな理由

  6. 6

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

  7. 7

    外国メディアの引用でしか政府批判ができない日本の報道

  8. 8

    二宮夫人を悩ます 嵐の“活動休止延長”と羽田新飛行ルート

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

もっと見る