いよいよオープン戦初登板のマー君 「全球種投げたい」

公開日:  更新日:

「今から緊張してもしょうがないです。(気持ちの高ぶりは)試合直前だと思います」

 淡々とこう言ったのは田中。1日(日本時間2日)のオープン戦(対フィリーズ)登板を翌日に控えたコメントだ。

 この日は午前10時過ぎから、チームのエース左腕・サバシアとキャッチボール。サバシアは同じ試合で先発を務める。その後は、ダッシュや瞬発力を高めるトレーニングなどで汗を流し、前日の調整は約40分間で終了した。

■「捕手のサインに従う」

「まずはしっかり自分のスタイルで自分の投球ができるかどうかです。バッターが立ちますけど、そこを確認したい。一応全球種投げたいが、キャッチャーのサインに従ってになるので。キャッチャーは誰と組むかわからないですけど、使えるボール、使えないボールもあると思うので、当日になってみないとわからない」(田中)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る