ライバルに初被弾…ダルビッシュは3回3安打2失点

公開日: 更新日:

 ダルビッシュ(27)の所属するレンジャーズにとって、同地区最大のライバルといえばエンゼルス。ラインアップにはMVP投票で2年連続2位のトラウト、首位打者1回に本塁打王2回のプホルスら強打者たちが名を連ねる。エースのダルが対戦の多いエンゼルスを封じられるかどうかが、チームのカギといっても過言ではない。

 ダルはオープン戦2度目の登板となるこの日のエンゼルス戦で、エサをまこうとした。開幕後のプランとは、あえて異なるイメージを打者に植え付けようとした。

 本来なら変化球の場面でストレートを多投したものの、二回、イバネスに直球を右翼スタンドに運ばれるなど3回を3安打2失点。

「真っすぐでどれくらいのポップアップ(凡フライ)を打たれるかと思ったけど、すごいポップアップを打たれました(苦笑)。種をまこうとしたけど、かなりいい感じで打たれていたので、逆にいいイメージをもたれてしまったのではないかとすごく不安です(笑い)」
 とは登板後のダルだ。

 レンジャーズとマイナー契約の田中賢介は六回から二塁守備に入り、中前に抜けそうな当たりを好捕した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る