初先発は3回1失点 マー君「初被弾」もこれだけの収穫

公開日: 更新日:

 その瞬間、ア然としたわけでも、ボー然としたわけでもない。むしろ打たれて当然、へー、こっちは1番打者でもあの球をあそこまで飛ばすのかという感じで、サバサバした表情すら浮かべた。

 田中将大(25)が、初先発だった6日(日本時間7日)のフィリーズ戦で初の本塁打を浴びた。

 三回2死走者なし。若手成長株の1番・ガルビスに、真ん中低め141キロのストレートを右翼場外へ運ばれた。3ボール1ストライクから、四球を嫌ってカウントを取りにいった球だった。

■「神経を使うしかない」

「(本塁打された球は)コースも(甘く)力もなかったです。1番打者でも甘く入ればああなるので、神経を使って投げるしかないです」とは試合後の本人だ。
 メジャーの打者の技術やパワーはケタ違い。日本のプロ野球で通用した球でも、大リーガーは見逃しちゃくれない。それが分かっただけでも収穫か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    石田純一引退危機 視聴者と業界の目に映った利己的TV出演

  3. 3

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

  4. 4

    別居情報を払拭?福山雅治の妻・吹石一恵の幸せ自粛ライフ

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    「バイキング」の“誤報”で叩かれるべきはMC坂上忍なのか

  7. 7

    小泉今日子が国会議員になる日 湧き上がる政界進出待望論

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  10. 10

    真中満は打撃センスもさることながら要領の良さも天下一品

もっと見る