初先発は3回1失点 マー君「初被弾」もこれだけの収穫

公開日:  更新日:

 その瞬間、ア然としたわけでも、ボー然としたわけでもない。むしろ打たれて当然、へー、こっちは1番打者でもあの球をあそこまで飛ばすのかという感じで、サバサバした表情すら浮かべた。

 田中将大(25)が、初先発だった6日(日本時間7日)のフィリーズ戦で初の本塁打を浴びた。

 三回2死走者なし。若手成長株の1番・ガルビスに、真ん中低め141キロのストレートを右翼場外へ運ばれた。3ボール1ストライクから、四球を嫌ってカウントを取りにいった球だった。

■「神経を使うしかない」

「(本塁打された球は)コースも(甘く)力もなかったです。1番打者でも甘く入ればああなるので、神経を使って投げるしかないです」とは試合後の本人だ。
 メジャーの打者の技術やパワーはケタ違い。日本のプロ野球で通用した球でも、大リーガーは見逃しちゃくれない。それが分かっただけでも収穫か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  10. 10

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

もっと見る