初先発は3回1失点 マー君「初被弾」もこれだけの収穫

公開日: 更新日:

 その瞬間、ア然としたわけでも、ボー然としたわけでもない。むしろ打たれて当然、へー、こっちは1番打者でもあの球をあそこまで飛ばすのかという感じで、サバサバした表情すら浮かべた。

 田中将大(25)が、初先発だった6日(日本時間7日)のフィリーズ戦で初の本塁打を浴びた。

 三回2死走者なし。若手成長株の1番・ガルビスに、真ん中低め141キロのストレートを右翼場外へ運ばれた。3ボール1ストライクから、四球を嫌ってカウントを取りにいった球だった。

■「神経を使うしかない」

「(本塁打された球は)コースも(甘く)力もなかったです。1番打者でも甘く入ればああなるので、神経を使って投げるしかないです」とは試合後の本人だ。
 メジャーの打者の技術やパワーはケタ違い。日本のプロ野球で通用した球でも、大リーガーは見逃しちゃくれない。それが分かっただけでも収穫か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  2. 2

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

  10. 10

    「一人暮らしでいい」7割超…孤独を楽しめない人の克服法

もっと見る