遠藤フィーバーに“おんぶに抱っこ” 相撲協会の不甲斐なさ

公開日:  更新日:

「土俵際の魔術師!」
 NHKのアナウンサーも思わず叫んだ。

 大相撲春場所8日目、3勝4敗の遠藤(23)は全勝の大砂嵐(22)と対戦。互いに左まわしを取ったものの、遠藤は半身の体勢となり防戦一方となった。それでも追い詰められた土俵際で上手投げをこらえると、起死回生の突き落とし。ほぼ同時ながらもわずかに大砂嵐の方が早く落ち、軍配は「遠藤~!」。場内は大歓声に包まれた。

 取組後は遠藤が「(初日にケガをした額の傷口が開かず)血が出なくてよかった」と軽口を叩けば、大砂嵐は「立ち合いはイメージ通りだったんだけど……」と肩を落とした。

 この日の目玉はこの平幕対決。1敗を保って綱とりに挑む大関鶴竜や両横綱は、オマケみたいなものだった。
 もちろん、ファンが彼らモンゴル人力士を嫌っているわけではない。ただ、「国技」を謳(うた)いながらもモンゴル人の天下となっている土俵に愛想を尽かしているファンは多い。だからこそ、彼らを蹴散らしてくれる将来性豊かな力士をより応援したくなるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る