遠藤フィーバーに“おんぶに抱っこ” 相撲協会の不甲斐なさ

公開日: 更新日:

「土俵際の魔術師!」
 NHKのアナウンサーも思わず叫んだ。

 大相撲春場所8日目、3勝4敗の遠藤(23)は全勝の大砂嵐(22)と対戦。互いに左まわしを取ったものの、遠藤は半身の体勢となり防戦一方となった。それでも追い詰められた土俵際で上手投げをこらえると、起死回生の突き落とし。ほぼ同時ながらもわずかに大砂嵐の方が早く落ち、軍配は「遠藤~!」。場内は大歓声に包まれた。

 取組後は遠藤が「(初日にケガをした額の傷口が開かず)血が出なくてよかった」と軽口を叩けば、大砂嵐は「立ち合いはイメージ通りだったんだけど……」と肩を落とした。

 この日の目玉はこの平幕対決。1敗を保って綱とりに挑む大関鶴竜や両横綱は、オマケみたいなものだった。
 もちろん、ファンが彼らモンゴル人力士を嫌っているわけではない。ただ、「国技」を謳(うた)いながらもモンゴル人の天下となっている土俵に愛想を尽かしているファンは多い。だからこそ、彼らを蹴散らしてくれる将来性豊かな力士をより応援したくなるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    持続化給付金の不正受給 早急に返金と自首をするべき

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

  8. 8

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  9. 9

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  10. 10

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

もっと見る