日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ホープの平幕遠藤 角界関係者がはじいた「相撲偏差値」は?

 相撲マスコミや力士、親方などが作った言葉に「相撲偏差値」というものがある。
 相手の分析から始まり、勝ちにいくまでの流れの組み立て、投げを打つタイミング。相手をいかに動かし、劣勢からでも瞬時に頭を働かせて巻き返せるかなど、これらがうまい力士は偏差値が高いといわれる。

 では、偏差値が高いのは誰か。トップは間違いなく平幕の安美錦だ。
「大学受験でいえば偏差値75の東大レベルです。徹頭徹尾、シミュレーション通りの相撲を取った上で勝てる力士なんて、今の角界でも安美錦くらいのもの。運動神経も角界トップクラスなので、相撲巧者の名をほしいままにしている。ただ、昔から膝が悪く、ケガも多い力士なので安定した成績は残せていない」(相撲記者)

■白鵬、稀勢の里は…

 相撲偏差値はあくまでアタマの中身。肝心の肉体に不安があれば強い力士とはいえない。その最たる例が若手のホープ、遠藤(23)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事