ホープの平幕遠藤 角界関係者がはじいた「相撲偏差値」は?

公開日: 更新日:

 相撲マスコミや力士、親方などが作った言葉に「相撲偏差値」というものがある。
 相手の分析から始まり、勝ちにいくまでの流れの組み立て、投げを打つタイミング。相手をいかに動かし、劣勢からでも瞬時に頭を働かせて巻き返せるかなど、これらがうまい力士は偏差値が高いといわれる。

 では、偏差値が高いのは誰か。トップは間違いなく平幕の安美錦だ。
「大学受験でいえば偏差値75の東大レベルです。徹頭徹尾、シミュレーション通りの相撲を取った上で勝てる力士なんて、今の角界でも安美錦くらいのもの。運動神経も角界トップクラスなので、相撲巧者の名をほしいままにしている。ただ、昔から膝が悪く、ケガも多い力士なので安定した成績は残せていない」(相撲記者)

白鵬稀勢の里は…

 相撲偏差値はあくまでアタマの中身。肝心の肉体に不安があれば強い力士とはいえない。その最たる例が若手のホープ、遠藤(23)だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  4. 4

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    安倍前首相ファクト発言にツッコミ殺到「おまえが言うか」

  7. 7

    日本列島を襲うコロナ秋の第3波 感染拡大の危険な22道府県

  8. 8

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  9. 9

    GoToトラベル「制度改悪」笑い止まらないのは旅行大手だけ

  10. 10

    今年のドラフトは“戦略ダダ漏れ”「個室指名」の意外な盲点

もっと見る