新人初オープン戦首位打者も ロッテ井上には守る場所がない

公開日: 更新日:

 新人の快挙ながら、喜んでばかりもいられない。オープン戦で首位打者となったロッテの「アジャ」こと井上晴哉(24=日本生命)に、難題が持ち上がっているからだ。

 井上はオープン戦で打率.435をマーク。新人では初となる首位打者を獲得した。伊東監督は28日の開幕戦(対ソフトバンク)のスタメン4番起用を明言。井上本人もこの抜擢にやる気を見せているものの、スタメン起用は限定的になる可能性が高い。

 4番候補の今江は現在、左ふくらはぎ筋膜炎で開幕が絶望視されている。代わりに井上が4番に座るとはいえ、関係者の話を総合すると今江のケガは軽症。長いシーズンを考え、無理をさせていないだけらしい。早ければ4月上旬にも復帰する見込みという。

■一塁とDHだけでは使い勝手が悪い

 さらに「守備位置」の問題がデカい。内野手の井上は現在、一塁と指名打者での併用が続いている。だが、ロッテの一塁とDHには井口、ブラゼル、大松、福浦らがひしめいている。井口と大松はともにオープン戦で打率3割をマーク。守備にも意欲的だ。同じく一塁が守れる左打者のブラゼル、福浦もベンチ入りが濃厚。加えて主に外野を守るサブローも、指名打者との併用が理想だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る