新人初オープン戦首位打者も ロッテ井上には守る場所がない

公開日: 更新日:

 新人の快挙ながら、喜んでばかりもいられない。オープン戦で首位打者となったロッテの「アジャ」こと井上晴哉(24=日本生命)に、難題が持ち上がっているからだ。

 井上はオープン戦で打率.435をマーク。新人では初となる首位打者を獲得した。伊東監督は28日の開幕戦(対ソフトバンク)のスタメン4番起用を明言。井上本人もこの抜擢にやる気を見せているものの、スタメン起用は限定的になる可能性が高い。

 4番候補の今江は現在、左ふくらはぎ筋膜炎で開幕が絶望視されている。代わりに井上が4番に座るとはいえ、関係者の話を総合すると今江のケガは軽症。長いシーズンを考え、無理をさせていないだけらしい。早ければ4月上旬にも復帰する見込みという。

■一塁とDHだけでは使い勝手が悪い

 さらに「守備位置」の問題がデカい。内野手の井上は現在、一塁と指名打者での併用が続いている。だが、ロッテの一塁とDHには井口、ブラゼル、大松、福浦らがひしめいている。井口と大松はともにオープン戦で打率3割をマーク。守備にも意欲的だ。同じく一塁が守れる左打者のブラゼル、福浦もベンチ入りが濃厚。加えて主に外野を守るサブローも、指名打者との併用が理想だという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る