初勝利遠い松井裕 「二軍落ち」巡り現場と球団が綱引き

公開日: 更新日:

 3度目の正直とはならなかった。

 楽天の松井裕樹(18=桐光学園)が16日のソフトバンク戦に先発。開幕から2連敗しているドラ1のプロ初勝利が期待されていたが、5回5安打6四球3失点で3敗目。自慢の三振も4つしか奪えなかった。五回に5つ目の四球を出すと、星野監督も苛立ちのあまりベンチを叩いたほどだ。
「調子自体はそんなに悪くなかった。何かを変えていかないと」

 と意気消沈の松井。前回9日も5四球と自滅しただけに、佐藤投手コーチは「次にストライク取れなかったら二軍だよ」と話していた。

 そうなると現場以上に頭が痛いのが球団だ。松井はルーキーながら、すでにチームの「稼ぎ頭」。プロデビュー戦の2日のオリックス戦では平日デーゲームにもかかわらず、今季最多の2万1861人。同じ条件で高卒2年目の森が先発した翌日の試合は1万5651人と、約6000人減だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    神戸大大学院教授木村幹氏 日韓関係はICJ提訴で諮ればいい

  2. 2

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  3. 3

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  4. 4

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  5. 5

    ユースケ・サンタマリア起用に見え隠れする現場の「意地」

  6. 6

    今年のCOTYはトヨタRAV4 その意味を一度考えてみてほしい

  7. 7

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  8. 8

    ゴルフ石川遼が28歳で10億円も…野球とは稼ぎで“雲泥の差”

  9. 9

    北朝鮮が「重大実験」発表 米との対立再燃“Xデー”は2.16か

  10. 10

    元陸自・ラファエルが語る「時給日本一のYouTuber」仕事術

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る