日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初勝利遠い松井裕 「二軍落ち」巡り現場と球団が綱引き

 3度目の正直とはならなかった。

 楽天の松井裕樹(18=桐光学園)が16日のソフトバンク戦に先発。開幕から2連敗しているドラ1のプロ初勝利が期待されていたが、5回5安打6四球3失点で3敗目。自慢の三振も4つしか奪えなかった。五回に5つ目の四球を出すと、星野監督も苛立ちのあまりベンチを叩いたほどだ。
「調子自体はそんなに悪くなかった。何かを変えていかないと」

 と意気消沈の松井。前回9日も5四球と自滅しただけに、佐藤投手コーチは「次にストライク取れなかったら二軍だよ」と話していた。

 そうなると現場以上に頭が痛いのが球団だ。松井はルーキーながら、すでにチームの「稼ぎ頭」。プロデビュー戦の2日のオリックス戦では平日デーゲームにもかかわらず、今季最多の2万1861人。同じ条件で高卒2年目の森が先発した翌日の試合は1万5651人と、約6000人減だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事