• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブラジルW杯観戦 初戦レシフェにはバスで丸2日間の“地獄”

 W杯期間中の航空運賃が約10倍に跳ね上がると報道された。サンパウロとリオデジャネイロの往復運賃が2390レアル(約10万円)。その距離は約500キロで東京―大阪間と同じだ。

 もちろん世界中から各国サポーターが殺到し、航空券はプラチナチケットとなる。入手困難だ。
 鉄道網のないブラジルで最も安い移動手段はバスとなる。

 ブラジルはバス移動網が整備されている。サンパウロとリオデジャネイロ間はひっきりなしにシャトルバスが発着している。バスは座席の広さで「レイト」(ファースト)から、「エグゼクチーボ」(ビジネス)、「コンベンショナウ」(エコノミー)に分けられる。

 レイトはビジネス客の多い大都市間を走っており、飛行機のファーストクラスのような大きな座席、背もたれを倒して横になることが出来る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る