• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブラジルW杯観戦 初戦レシフェにはバスで丸2日間の“地獄”

 W杯期間中の航空運賃が約10倍に跳ね上がると報道された。サンパウロとリオデジャネイロの往復運賃が2390レアル(約10万円)。その距離は約500キロで東京―大阪間と同じだ。

 もちろん世界中から各国サポーターが殺到し、航空券はプラチナチケットとなる。入手困難だ。
 鉄道網のないブラジルで最も安い移動手段はバスとなる。

 ブラジルはバス移動網が整備されている。サンパウロとリオデジャネイロ間はひっきりなしにシャトルバスが発着している。バスは座席の広さで「レイト」(ファースト)から、「エグゼクチーボ」(ビジネス)、「コンベンショナウ」(エコノミー)に分けられる。

 レイトはビジネス客の多い大都市間を走っており、飛行機のファーストクラスのような大きな座席、背もたれを倒して横になることが出来る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る