ブラジルW杯観戦 初戦レシフェにはバスで丸2日間の“地獄”

公開日: 更新日:

 W杯期間中の航空運賃が約10倍に跳ね上がると報道された。サンパウロとリオデジャネイロの往復運賃が2390レアル(約10万円)。その距離は約500キロで東京―大阪間と同じだ。

 もちろん世界中から各国サポーターが殺到し、航空券はプラチナチケットとなる。入手困難だ。
 鉄道網のないブラジルで最も安い移動手段はバスとなる。

 ブラジルはバス移動網が整備されている。サンパウロとリオデジャネイロ間はひっきりなしにシャトルバスが発着している。バスは座席の広さで「レイト」(ファースト)から、「エグゼクチーボ」(ビジネス)、「コンベンショナウ」(エコノミー)に分けられる。

 レイトはビジネス客の多い大都市間を走っており、飛行機のファーストクラスのような大きな座席、背もたれを倒して横になることが出来る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  3. 3

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  4. 4

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  5. 5

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  6. 6

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  7. 7

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  8. 8

    別居中の杉良太郎を直撃 帰り際「俺はつぶれないから」

  9. 9

    櫻井翔は見えない五輪後にヤキモキ…電通社員の実弟は入籍

  10. 10

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

もっと見る