松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

孤高の仮面をかなぐり捨てたイチローの変質はどういうわけだ?

公開日: 更新日:

 高校、オリックス、マリナーズと打撃センスは群を抜いたが、チームに貢献して優勝したのはオリックス時代の2回だけ。マリナーズ時代にいくら年間200安打以上打とうがチームが下位ばかりではファンも離れる。ファンが寄り付かぬことを孤高な天才打者という仮面をかぶってますます自分を装った。

 颯爽と移ったヤンキースでは日米通算3000本安打を放つも、ファンの視線は冷淡だった。なぜ冷淡かはひとえにその「上から目線」による。

 このままではメジャーの最多安打記録の更新という野望も危ういと本人も焦り始めたのではないか?

 ここへきて孤高の仮面をかなぐり捨てて他人への称賛を心掛けているように見える。
松井秀喜のすごさは、ヤンキースというチームに長く居て存在感を示したことだ」
「わが身に引き比べて」とまでは言わぬが、松井がどれだけファンに愛された選手だったかを口にするようになった。あのイチローがだ!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  2. 2

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  3. 3

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  4. 4

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  5. 5

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  6. 6

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  7. 7

    理髪店めぐり混乱…小池知事「国と調整中」見切り発車の罪

  8. 8

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  9. 9

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  10. 10

    安倍政権またもケチケチ「1世帯30万円給付」は8割が対象外

もっと見る