2度目の4連勝も…殊勲打しかホメない中畑監督の“勘違い”

公開日:  更新日:

 今季初のサヨナラ勝ちで2度目の4連勝を決めたDeNA中畑監督は、「最高の喜び!
  格好いい!」と大はしゃぎ。延長十回2死満塁から右前へ殊勲打を放ったのが、一軍登録して即スタメン起用した井手とあって、「期待に応えてくれた。いい試合! ナイスゲーム!」と今にも踊りだしそうな勢いだったが、真っ先にホメてやらなければいけないのはこっちの方だろう。

 6回6安打2失点と試合をつくった先発の加賀美もさることながら、バトンを受けた国吉、三上、長田のリリーフ陣がこの日も無失点。七回以降、ヤクルト打線をわずか1安打に抑えた。この4連勝の間、DeNAは延べ15人のリリーフ投手が登板し、計13回3分の2を投げてなんと無失点。彼らが安定した投球を披露するようになって、チームは見違えた。

 現在、チーム防御率はリーグ5位の4.90。特に先発陣の不安は払拭されたわけではない。今季初のサヨナラ勝ちで決めた4連勝に小躍りしたくなる気持ちもわからなくはないが、リリーフ陣の奮闘を評価し、これが続くように腐心してほしいというのがファンの本音ではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る