警察まで予定…W杯はストライキで大混乱の“現実味”

公開日: 更新日:

■「おもてなし」の日本とは正反対

 信じられないのは、テロ捜査や入国審査、荷物検査など大会期間中の治安や交通を支えるブラジル連邦警察も、大会直前からストを予定していることだ。同警察は2年前、70日間もの長期ストライキを決行し、空港には長蛇の列ができた。

 先月、開催都市のひとつである北東部のサルバドルでは、武装警察が賃上げを求めてストをした。ストの最中、市内で略奪など犯罪が相次ぎ、大統領が軍を投入したが、3日間で50人以上の死者が出た。

サッカーW杯という国のメンツをかけた一大イベントに警察がストだなんて、“おもてなし”の精神で五輪を開催する日本人には信じられないでしょうが、ブラジルでは通用しません。ラテンの国の気質は、どんな時でも国より自分たちの都合が優先だからです。ブラジルは物価高で、国民の生活が苦しくなっているだけに、ストはかなり現実味があると思います」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

 地球の裏側で、日本の常識を求めてはいけないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る