日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

白鵬優勝 日本人力士“勝ち目なし”で角界に再びあの懸念?

大相撲夏場所 千秋楽

 ファンが期待していた波乱は案の定、起きなかった。夏場所千秋楽は、結びの直前で2敗の大関稀勢の里が鶴竜を圧倒。新横綱をものともせず、突き押しの猛攻で一蹴した。これで1敗の白鵬が日馬富士との横綱対決に負ければ、稀勢の里と2敗同士の優勝決定戦になるところだったが、結びの一番で白鵬があっけなく日馬富士を転がし、29回目の優勝を果たした。

 インタビューでは、「私が思うには、金の扉というものがある。その中に横綱や大関がいる。若手はその扉を開けると、我々の仲間入りを果たす」と意気揚々と語った白鵬。そんな姿を見て、多くの力士は改めて「出世は絶望」と思ったのではないか。

 モンゴル人3横綱がスクラムを組んでいる以上、彼ら以外の力士が優勝するのは極めて困難。稀勢の里が身をもって証明したことだ。関脇までならまだしも、昇進に勝利条件がある大関、横綱は現実として意識できない。となると、「マジメに相撲を取るのはバカらしい」とばかりに、八百長に転ぶガチンコ力士が出てきてもおかしくない、という見方があるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事