“異例の土俵入り”続く…横綱白鵬への大人げない嫌がらせ

公開日:  更新日:

 いつまで続けるのか。
 すでに大相撲春場所も中日を過ぎ、後半戦に突入。にもかかわらず、いまだに横綱白鵬は「異例」の土俵入りを続けている。

 横綱土俵入りは同じ一門の幕内力士が太刀持ちと露払いを務めるのが慣例。白鵬も以前は伊勢ケ浜一門の旭天鵬と魁聖を従えて土俵入りをしていた。ところが、2月の日本大相撲トーナメントから、太刀持ちは時津風一門の豊ノ島、露払いは出羽海一門の臥牙丸が務めているのだ。

 原因は白鵬の師匠である宮城野親方(元幕内竹葉山)と友綱親方(元関脇魁輝)の関係悪化だ。1月の理事選で出馬した友綱親方に、宮城野親方は投票しなかった。宮城野親方は、

「選挙後、すぐに『土俵入りには協力しない。弟子(の旭天鵬と魁聖)は貸さない』と連絡があった」

 と言う。伊勢ケ浜一門の幕内力士は友綱親方の弟子を除けば、横綱日馬富士と遠藤のみ。白鵬はやむなく、一門外の力士を借りるしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る