“異例の土俵入り”続く…横綱白鵬への大人げない嫌がらせ

公開日: 更新日:

 いつまで続けるのか。
 すでに大相撲春場所も中日を過ぎ、後半戦に突入。にもかかわらず、いまだに横綱白鵬は「異例」の土俵入りを続けている。

 横綱土俵入りは同じ一門の幕内力士が太刀持ちと露払いを務めるのが慣例。白鵬も以前は伊勢ケ浜一門の旭天鵬と魁聖を従えて土俵入りをしていた。ところが、2月の日本大相撲トーナメントから、太刀持ちは時津風一門の豊ノ島、露払いは出羽海一門の臥牙丸が務めているのだ。

 原因は白鵬の師匠である宮城野親方(元幕内竹葉山)と友綱親方(元関脇魁輝)の関係悪化だ。1月の理事選で出馬した友綱親方に、宮城野親方は投票しなかった。宮城野親方は、

「選挙後、すぐに『土俵入りには協力しない。弟子(の旭天鵬と魁聖)は貸さない』と連絡があった」

 と言う。伊勢ケ浜一門の幕内力士は友綱親方の弟子を除けば、横綱日馬富士と遠藤のみ。白鵬はやむなく、一門外の力士を借りるしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  2. 2

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  3. 3

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  4. 4

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  5. 5

    スキャンダルで目くらましする官邸の手法は見抜かれている

  6. 6

    長期の理由は国民洗脳 安倍政権の“桂太郎超え”2887日<上>

  7. 7

    「死ね」暴言の笠りつ子に厳重注意のみ…遅すぎた大甘処分

  8. 8

    自民改選議員を“常習”招待「桜を見る会」で48人違法当選か

  9. 9

    芦田愛菜は大絶賛も…“着物姿”を比べられた神田うのの悲哀

  10. 10

    鈴木愛は3週連続Vでも 残り2戦は賞金女王へ“高いハードル”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る