“異例の土俵入り”続く…横綱白鵬への大人げない嫌がらせ

公開日: 更新日:

 いつまで続けるのか。
 すでに大相撲春場所も中日を過ぎ、後半戦に突入。にもかかわらず、いまだに横綱白鵬は「異例」の土俵入りを続けている。

 横綱土俵入りは同じ一門の幕内力士が太刀持ちと露払いを務めるのが慣例。白鵬も以前は伊勢ケ浜一門の旭天鵬と魁聖を従えて土俵入りをしていた。ところが、2月の日本大相撲トーナメントから、太刀持ちは時津風一門の豊ノ島、露払いは出羽海一門の臥牙丸が務めているのだ。

 原因は白鵬の師匠である宮城野親方(元幕内竹葉山)と友綱親方(元関脇魁輝)の関係悪化だ。1月の理事選で出馬した友綱親方に、宮城野親方は投票しなかった。宮城野親方は、

「選挙後、すぐに『土俵入りには協力しない。弟子(の旭天鵬と魁聖)は貸さない』と連絡があった」

 と言う。伊勢ケ浜一門の幕内力士は友綱親方の弟子を除けば、横綱日馬富士遠藤のみ。白鵬はやむなく、一門外の力士を借りるしかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  7. 7

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  8. 8

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  9. 9

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る