• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

負け越し危機の遠藤 ワイルドさ影潜め早くも人気に陰り

「どれが遠藤?」

 ファンがそんなことを言い出す日も遠くはなさそうだ。大相撲夏場所10日目、新鋭の遠藤(23)は千代大龍にはたき込みで負け、これで5連敗。4勝6敗と、負け越しまであと2敗となった。まだ入門1年と2カ月。技術はあっても肝心の体が出来ていないとなれば、勝てないのも無理はない。

 気になるのは、勝敗にかかわらず遠藤の人気が今場所からガクンと落ちていることだ。新入幕を果たした昨年9月場所で、メディアはこぞって遠藤を取り上げた。スピード出世もさることながら、何よりも力士にしては整った風貌とワイルドなザンバラ髪の組み合わせが話題を呼んだ。

 ところが、今場所からようやくマゲを結うようになるとワイルドさは影を潜め、どこからどう見ても普通の力士に。ある記者はこう言う。

「相撲協会は女性などこれまで相撲に興味のなかった層をターゲットにするため、遠藤を前面に押し出していた。とはいえ、若い女性ファンの多くは『お相撲さんらしくなくて格好いい』と見ていたフシがある。しかも、髪がまだ短いので立派な大銀杏(おおいちよう)ではなく、ちょこんと小さなマゲが乗っかっているだけですからね」

 いっそのこと、遠藤はザンバラ髪で相撲を取った方がいいんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る