負け越し危機の遠藤 ワイルドさ影潜め早くも人気に陰り

公開日:  更新日:

「どれが遠藤?」

 ファンがそんなことを言い出す日も遠くはなさそうだ。大相撲夏場所10日目、新鋭の遠藤(23)は千代大龍にはたき込みで負け、これで5連敗。4勝6敗と、負け越しまであと2敗となった。まだ入門1年と2カ月。技術はあっても肝心の体が出来ていないとなれば、勝てないのも無理はない。

 気になるのは、勝敗にかかわらず遠藤の人気が今場所からガクンと落ちていることだ。新入幕を果たした昨年9月場所で、メディアはこぞって遠藤を取り上げた。スピード出世もさることながら、何よりも力士にしては整った風貌とワイルドなザンバラ髪の組み合わせが話題を呼んだ。

 ところが、今場所からようやくマゲを結うようになるとワイルドさは影を潜め、どこからどう見ても普通の力士に。ある記者はこう言う。

「相撲協会は女性などこれまで相撲に興味のなかった層をターゲットにするため、遠藤を前面に押し出していた。とはいえ、若い女性ファンの多くは『お相撲さんらしくなくて格好いい』と見ていたフシがある。しかも、髪がまだ短いので立派な大銀杏(おおいちよう)ではなく、ちょこんと小さなマゲが乗っかっているだけですからね」

 いっそのこと、遠藤はザンバラ髪で相撲を取った方がいいんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る