• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

負け越し危機の遠藤 ワイルドさ影潜め早くも人気に陰り

「どれが遠藤?」

 ファンがそんなことを言い出す日も遠くはなさそうだ。大相撲夏場所10日目、新鋭の遠藤(23)は千代大龍にはたき込みで負け、これで5連敗。4勝6敗と、負け越しまであと2敗となった。まだ入門1年と2カ月。技術はあっても肝心の体が出来ていないとなれば、勝てないのも無理はない。

 気になるのは、勝敗にかかわらず遠藤の人気が今場所からガクンと落ちていることだ。新入幕を果たした昨年9月場所で、メディアはこぞって遠藤を取り上げた。スピード出世もさることながら、何よりも力士にしては整った風貌とワイルドなザンバラ髪の組み合わせが話題を呼んだ。

 ところが、今場所からようやくマゲを結うようになるとワイルドさは影を潜め、どこからどう見ても普通の力士に。ある記者はこう言う。

「相撲協会は女性などこれまで相撲に興味のなかった層をターゲットにするため、遠藤を前面に押し出していた。とはいえ、若い女性ファンの多くは『お相撲さんらしくなくて格好いい』と見ていたフシがある。しかも、髪がまだ短いので立派な大銀杏(おおいちよう)ではなく、ちょこんと小さなマゲが乗っかっているだけですからね」

 いっそのこと、遠藤はザンバラ髪で相撲を取った方がいいんじゃないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  6. 6

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  7. 7

    金正恩が愚痴ポロリ 軍部の融和路線封じで非核化も後退か

  8. 8

    2カ月雲隠れ 日大アメフト内田前監督の呆れた“銭ゲバ闘争”

  9. 9

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  10. 10

    日欧EPA署名で酪農大打撃 食卓から“国産牛乳”が消える日

もっと見る