日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朝青龍より嫌われ者? 白鵬「一夜明け会見拒否」で敵だらけ

「担当記者らはカンカンですよ」
 角界OBがこう話す。

 大相撲夏場所で29回目の優勝を果たしながら、翌26日の一夜明け会見を拒否した横綱白鵬(29)。これにメンツを潰されたのが相撲記者クラブだ。一夜明け会見は記者クラブが優勝力士とその部屋に打診し、了承を得て行われるもの。相撲協会の公式行事と異なり強制ではないものの、拒否の理由も言わずじまいとあっては収まらない。

「もともと記者クラブと白鵬の仲は良好とは言い難かった。地方場所で優勝した場合、一夜明け会見は宿舎で行うのが普通だが、白鵬は<ホテルじゃなきゃダメだ>と主張。会場のレンタル費用はクラブ持ちになるので、記者らから不評だった。その上、あの朝青龍に負けず劣らず、二日酔いで遅刻することも多かった」(前出のOB)

■相撲協会も大歓迎

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事