二日酔いポロリ回避? 白鵬「V一夜明け会見」拒否の理由

公開日:  更新日:

 大相撲夏場所千秋楽で歴代3位となる29回目の優勝を果たした横綱白鵬(29)が、26日の恒例の一夜明け会見を拒否した。理由は言わずじまい。それだけに角界ではさまざまな臆測が飛び交っている。

「白鵬は優勝した日の夜は朝まで酒を飲むのが常。一夜明け会見に大幅に遅刻した揚げ句、二日酔いで本音をポロポロ漏らすことも多い。今回は両親も来日していたし、最初からするつもりはなかったんじゃないか」(相撲記者)

 一夜明け会見自体を行わなかった力士は過去にもいた。珍しいが、異例というわけでもない。

■不信かヘソ曲げか

 ある角界OBは「マスコミやファンに対する不信感じゃないか」と言う。
「千秋楽の結びの一番での日馬富士コール。あれは<白鵬が負ければ2敗となり稀勢の里と並ぶ。優勝決定戦で稀勢の里に初優勝してほしい>というファンの願いでもある。去年の九州場所でも、白鵬が稀勢の里に負けたら万歳コールが起きたほど。ファンは日本人横綱を待望しているし、そもそも白鵬の優勝は見飽きている。相撲記者の質問も稀勢の里に絡めたものが多い。白鵬にしてみれば、<オレが優勝しても誰も喜ばない>とヘソを曲げたとしてもおかしくない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る