日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

二日酔いポロリ回避? 白鵬「V一夜明け会見」拒否の理由

 大相撲夏場所千秋楽で歴代3位となる29回目の優勝を果たした横綱白鵬(29)が、26日の恒例の一夜明け会見を拒否した。理由は言わずじまい。それだけに角界ではさまざまな臆測が飛び交っている。

「白鵬は優勝した日の夜は朝まで酒を飲むのが常。一夜明け会見に大幅に遅刻した揚げ句、二日酔いで本音をポロポロ漏らすことも多い。今回は両親も来日していたし、最初からするつもりはなかったんじゃないか」(相撲記者)

 一夜明け会見自体を行わなかった力士は過去にもいた。珍しいが、異例というわけでもない。

■不信かヘソ曲げか

 ある角界OBは「マスコミやファンに対する不信感じゃないか」と言う。
「千秋楽の結びの一番での日馬富士コール。あれは<白鵬が負ければ2敗となり稀勢の里と並ぶ。優勝決定戦で稀勢の里に初優勝してほしい>というファンの願いでもある。去年の九州場所でも、白鵬が稀勢の里に負けたら万歳コールが起きたほど。ファンは日本人横綱を待望しているし、そもそも白鵬の優勝は見飽きている。相撲記者の質問も稀勢の里に絡めたものが多い。白鵬にしてみれば、<オレが優勝しても誰も喜ばない>とヘソを曲げたとしてもおかしくない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事