マエケンvs広島 「年俸3億円」の平行線に巨人・内海の影

公開日: 更新日:

 今季16年ぶりにAクラス入りを果たした広島と、その原動力になった前田健太(25)が早くも水面下で「銭闘」を繰り広げているという。

 まだ正式交渉はしていないものの、球団はすでに今季年俸(2億1000万円)から9000万円アップの3億円を用意。ところが、今季チームトップの15勝を挙げた前田がこの金額に不服のようで、今後の交渉は泥沼の様相。両者の主張は、下交渉の段階から完全に平行線をたどっている。

 広島は前田の貢献度を理解しているものの、金庫の中身が乏しい。仮に前田に3億円以上を払えば、他選手の年俸を下げなければならない事態を招く。ない袖は振れないのだ。
「今季は3位になったとはいえ、CS(クライマックスシリーズ)では持ち出し金が発生して大赤字。加えて、丸、菊池ら今季活躍した若手にはそれ相応の年俸アップが必要。マエケンだけに法外な金額は提示できないというのが球団の言い分です」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  5. 5

    無許可で造った“ゲリラ花壇”を発見した市職員の粋な対応

  6. 6

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  7. 7

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  8. 8

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  9. 9

    れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」

  10. 10

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る