• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マエケンvs広島 「年俸3億円」の平行線に巨人・内海の影

 今季16年ぶりにAクラス入りを果たした広島と、その原動力になった前田健太(25)が早くも水面下で「銭闘」を繰り広げているという。

 まだ正式交渉はしていないものの、球団はすでに今季年俸(2億1000万円)から9000万円アップの3億円を用意。ところが、今季チームトップの15勝を挙げた前田がこの金額に不服のようで、今後の交渉は泥沼の様相。両者の主張は、下交渉の段階から完全に平行線をたどっている。

 広島は前田の貢献度を理解しているものの、金庫の中身が乏しい。仮に前田に3億円以上を払えば、他選手の年俸を下げなければならない事態を招く。ない袖は振れないのだ。
「今季は3位になったとはいえ、CS(クライマックスシリーズ)では持ち出し金が発生して大赤字。加えて、丸、菊池ら今季活躍した若手にはそれ相応の年俸アップが必要。マエケンだけに法外な金額は提示できないというのが球団の言い分です」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る