• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

タイトル戦内定…亀田興毅vs河野公平、勝負の分かれ目

 亀田がめった打ちにされる姿が見られるか。

 スポーツ紙が報じたボクシングWBAスーパーフライ級王者の河野公平(33)と亀田興毅(27)との世界戦。もっか停止中になっているライセンス問題さえ解決すれば、亀田ジムは活動再開。すでに河野の所属するワタナベジムと亀田ジムの間で、8月にタイトルマッチを行うことが内定しているという。

 両者の思惑はともかく、この2人はどちらが強いのか。

 亀田はこれまで日本人や強豪との対戦を避け、ロートルボクサーや戦績が怪しい相手とばかり戦い、ライトフライ、フライ、バンタム級の3冠を達成。いわばマッチメークの妙だけで得たベルトだ。

 とはいえ、“本物”のチャンピオンである河野の圧勝かといえば、そうともいえない。河野はテクニックより馬力や根性で戦うファイタータイプ。一方、亀田はガチガチに守りを固めた上で相手のスタミナを消耗させてから、ポイントを稼いで判定勝ちを狙うスタイルだ。

 消耗戦となれば6歳年長の河野は不利。「亀」のガードを打ち崩せるかどうかが、勝負の分かれ目になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る