タイトル戦内定…亀田興毅vs河野公平、勝負の分かれ目

公開日: 更新日:

 亀田がめった打ちにされる姿が見られるか。

 スポーツ紙が報じたボクシングWBAスーパーフライ級王者の河野公平(33)と亀田興毅(27)との世界戦。もっか停止中になっているライセンス問題さえ解決すれば、亀田ジムは活動再開。すでに河野の所属するワタナベジムと亀田ジムの間で、8月にタイトルマッチを行うことが内定しているという。

 両者の思惑はともかく、この2人はどちらが強いのか。

 亀田はこれまで日本人や強豪との対戦を避け、ロートルボクサーや戦績が怪しい相手とばかり戦い、ライトフライ、フライ、バンタム級の3冠を達成。いわばマッチメークの妙だけで得たベルトだ。

 とはいえ、“本物”のチャンピオンである河野の圧勝かといえば、そうともいえない。河野はテクニックより馬力や根性で戦うファイタータイプ。一方、亀田はガチガチに守りを固めた上で相手のスタミナを消耗させてから、ポイントを稼いで判定勝ちを狙うスタイルだ。

 消耗戦となれば6歳年長の河野は不利。「亀」のガードを打ち崩せるかどうかが、勝負の分かれ目になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  5. 5

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  6. 6

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  7. 7

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  8. 8

    突如「コロナ専門病院」発表で一般患者が追い出されている

  9. 9

    嵐・二宮「パパに!」報道が意外とファンに祝福されるワケ

  10. 10

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

もっと見る