新体操ロシア女王アベリナの待遇は“ザギトワ級”! 世界選手権16冠達成、引退後はバラ色

公開日: 更新日:

 新体操の世界選手権(北九州市)は28日、女子個人総合予選を行い、東京五輪銀メダルで4連覇を目指すジーナ・アベリナ(23=ロシア連盟)が85.175点をマークし、1位で30日の決勝進出を決めた。この日は種目別クラブを制し、これで世界選手権通算16個目の金メダルを獲得。個人総合で北京、ロンドン2大会連続金メダルで世界選手権最多優勝(17回)記録保持者のエフゲニア・カナエワ(31=ロシア)に、あと1と迫った。

 今夏の東京五輪個人女子総合ではイスラエル人選手に敗れて銀メダル。ロシア勢の連覇は5で止まったが、これは同国の独壇場を避けたいFIG(国際体操連盟)の思惑から採点が操作された疑惑がある。ロシアではアベリナに同情する声が寄せられており、本来なら金メダルだったといわれている。

 初日に2冠を達成した際にはプーチン大統領から直々に電話で祝福された。アベリナは来年2月の北京五輪で表彰台独占を期待されるフィギュアスケーターと並んで、プーチン大統領お気に入りのアスリートのひとりだという。

 国家元首の寵愛を受けたアベリナの待遇は、同国のアスリートではトップクラスとされる2018年平昌五輪フィギュアスケート女子シングル金メダルのアリーナ・ザギトワ(19)に匹敵。ザギトワは金メダル獲得のご褒美に大統領から高級外車や住宅まで提供されたように、アベリナには金品の他に引退後には競技団体の重要ポストが用意されているという。

 新体操の女王の引退後はバラ色だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情