フレッシュ球宴 注目は楽天・松井&西武・森のバッテリー

公開日:  更新日:

 今年のオールスターは、ファームも盛り上がるか。

 16日に行われたイースタンの監督会議。7月のフレッシュ球宴の選手選考についてイ軍のヤクルト伊東監督が「松井裕樹(楽天)は当然入っている。森友哉(西武)とバッテリーを組ませたい」と話し、昨夏の18Uワールドカップ以来となる「高校ナンバーワン・バッテリー」の競演が実現する見通しになった。

 昨年のドラフトで1位入団した2人は、一軍では目立った活躍をしていないが、二軍ではすでにトップ級の成績を残す。松井は6試合登板で1勝ながら、20回3分の1で38奪三振。対戦打者は79人で2人に1人から三振を奪っている計算になる。防御率も0.89。19日の広島戦で4月以来の先発マウンドに上がる予定。

 一方の森も、46試合出場でリーグ10位の打率.303をマーク。リード面は課題も、二軍では正捕手格として33試合でマスクをかぶり、一軍デビューに向けて順調に成長している。

 ちなみにウエスタン選抜では、リーグ1位の10本塁打を放ち、この日プロ初の一軍昇格が決まった広島の高橋大樹(12年ドラフト1位)も選出が予想されている。この高橋を含め、松井と森の黄金バッテリーが何個の三振を奪うか見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

  10. 10

    メジャー評価は根尾より上 小園海斗の身体能力はケタ違い

もっと見る