フレッシュ球宴 注目は楽天・松井&西武・森のバッテリー

公開日: 更新日:

 今年のオールスターは、ファームも盛り上がるか。

 16日に行われたイースタンの監督会議。7月のフレッシュ球宴の選手選考についてイ軍のヤクルト伊東監督が「松井裕樹楽天)は当然入っている。森友哉西武)とバッテリーを組ませたい」と話し、昨夏の18Uワールドカップ以来となる「高校ナンバーワン・バッテリー」の競演が実現する見通しになった。

 昨年のドラフトで1位入団した2人は、一軍では目立った活躍をしていないが、二軍ではすでにトップ級の成績を残す。松井は6試合登板で1勝ながら、20回3分の1で38奪三振。対戦打者は79人で2人に1人から三振を奪っている計算になる。防御率も0.89。19日の広島戦で4月以来の先発マウンドに上がる予定。

 一方の森も、46試合出場でリーグ10位の打率.303をマーク。リード面は課題も、二軍では正捕手格として33試合でマスクをかぶり、一軍デビューに向けて順調に成長している。

 ちなみにウエスタン選抜では、リーグ1位の10本塁打を放ち、この日プロ初の一軍昇格が決まった広島の高橋大樹(12年ドラフト1位)も選出が予想されている。この高橋を含め、松井と森の黄金バッテリーが何個の三振を奪うか見ものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  2. 2

    エンゼルス大谷の現在地 調停金額で分かった二刀流の評価

  3. 3

    “組織委に中止計画”発言裏で電通専務と菅氏がステーキ会食

  4. 4

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  5. 5

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  6. 6

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    ロッテ清田「無期限謹慎」は選手の不倫にブレーキかけるか

  9. 9

    巨人桑田コーチ補佐“先発135球”指令の波紋 何人できるか?

  10. 10

    大倉忠義「知ってるワイフ」不発の原因はリアルな息苦しさ

もっと見る