ユーゴ代表時代を知る日本人が語る「命懸けのプレー」

公開日: 更新日:

「日本の選手にはもっと伸び伸びとプレーして欲しかったですね」というのは、旧ユーゴスラビアのナショナルスキーチームのコーチだった平山昌弘氏だ。平山氏は86年から5年間、ボスニアに滞在。ユーゴがベスト8まで進んだ90年W杯をボスニアで観戦した。

「マラドーナのいるアルゼンチンとの準々決勝はPK戦になり、最初に蹴ったストイコビッチが外して負けた。あのPKはみんな蹴りたがらなかった。もしも失敗すると、母国に戻った時に殺されると思ったからです。ユーゴは80年にチトー大統領が死去し、民族主義が台頭。あの時はすでに民族や地域間の対立が激しくなっていた。それぞれ宗教が異なるスロベニア、セルビア、アルバニア、ボスニア人などが互いにいがみ合い、経済力のないボスニア人はスロベニア人から『ボサンツ』などと呼ばれ、蔑まれていた。国民がひとつになってW杯の代表チームを応援するという雰囲気ではなかった。その後は激しい内戦、ユーゴ解体に突き進んだ。そんな背景からW杯の代表選手たちは、ミスをしようものなら他の民族に殺されると身の危険を感じながらプレーしていたのです。日本は平和だし、代表選手はサッカーだけに集中できる。怖いものなどないのですから、1、2戦目はもっと思い切ったプレーを見たかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

    “移籍志願”発言に揺れる大谷 エ軍は再契約を切望するなら「レイズ」フロント引き抜きを

  2. 2
    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

    読売テレビ解説委員長の痛烈な「小室圭さん批判」はなぜ急に鳴りを潜めたのか(成城大学教授・森暢平)

  3. 3
    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

    <71>野崎幸助さんの遺体第一発見者は早貴被告「冷たいというかカチンカチン」

  4. 4
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  5. 5
    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

    専門家もお手上げ? コロナ感染者が急減のナゾ…「減ったように見えるだけ」の指摘も

もっと見る

  1. 6
    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

    小室圭さん問題で責任論も噴出 いまいちよく分からない「宮内庁」職員の“実態”

  2. 7
    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

    おばあちゃんになる山口百恵さん「初孫への想い」長男夫婦が第1子妊娠を発表

  3. 8
    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

    眞子さまの結婚は「わがまま」なのか…小室圭さんとの入籍に根強い「反対」の声

  4. 9
    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

    FW大迫勇也の離脱は森保ジャパンには“ケガの功名” アタッカー世代交代の絶好機

  5. 10
    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号

    ジリ貧公明が3選挙区で大苦戦、現職閣僚も落選危機!「小選挙区で完全勝利」早くも黄信号