ユーゴ代表時代を知る日本人が語る「命懸けのプレー」

公開日: 更新日:

「日本の選手にはもっと伸び伸びとプレーして欲しかったですね」というのは、旧ユーゴスラビアのナショナルスキーチームのコーチだった平山昌弘氏だ。平山氏は86年から5年間、ボスニアに滞在。ユーゴがベスト8まで進んだ90年W杯をボスニアで観戦した。

「マラドーナのいるアルゼンチンとの準々決勝はPK戦になり、最初に蹴ったストイコビッチが外して負けた。あのPKはみんな蹴りたがらなかった。もしも失敗すると、母国に戻った時に殺されると思ったからです。ユーゴは80年にチトー大統領が死去し、民族主義が台頭。あの時はすでに民族や地域間の対立が激しくなっていた。それぞれ宗教が異なるスロベニア、セルビア、アルバニア、ボスニア人などが互いにいがみ合い、経済力のないボスニア人はスロベニア人から『ボサンツ』などと呼ばれ、蔑まれていた。国民がひとつになってW杯の代表チームを応援するという雰囲気ではなかった。その後は激しい内戦、ユーゴ解体に突き進んだ。そんな背景からW杯の代表選手たちは、ミスをしようものなら他の民族に殺されると身の危険を感じながらプレーしていたのです。日本は平和だし、代表選手はサッカーだけに集中できる。怖いものなどないのですから、1、2戦目はもっと思い切ったプレーを見たかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  8. 7

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る