ユーゴ代表時代を知る日本人が語る「命懸けのプレー」

公開日:  更新日:

「日本の選手にはもっと伸び伸びとプレーして欲しかったですね」というのは、旧ユーゴスラビアのナショナルスキーチームのコーチだった平山昌弘氏だ。平山氏は86年から5年間、ボスニアに滞在。ユーゴがベスト8まで進んだ90年W杯をボスニアで観戦した。

「マラドーナのいるアルゼンチンとの準々決勝はPK戦になり、最初に蹴ったストイコビッチが外して負けた。あのPKはみんな蹴りたがらなかった。もしも失敗すると、母国に戻った時に殺されると思ったからです。ユーゴは80年にチトー大統領が死去し、民族主義が台頭。あの時はすでに民族や地域間の対立が激しくなっていた。それぞれ宗教が異なるスロベニア、セルビア、アルバニア、ボスニア人などが互いにいがみ合い、経済力のないボスニア人はスロベニア人から『ボサンツ』などと呼ばれ、蔑まれていた。国民がひとつになってW杯の代表チームを応援するという雰囲気ではなかった。その後は激しい内戦、ユーゴ解体に突き進んだ。そんな背景からW杯の代表選手たちは、ミスをしようものなら他の民族に殺されると身の危険を感じながらプレーしていたのです。日本は平和だし、代表選手はサッカーだけに集中できる。怖いものなどないのですから、1、2戦目はもっと思い切ったプレーを見たかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る