ユーゴ代表時代を知る日本人が語る「命懸けのプレー」

公開日:  更新日:

「日本の選手にはもっと伸び伸びとプレーして欲しかったですね」というのは、旧ユーゴスラビアのナショナルスキーチームのコーチだった平山昌弘氏だ。平山氏は86年から5年間、ボスニアに滞在。ユーゴがベスト8まで進んだ90年W杯をボスニアで観戦した。

「マラドーナのいるアルゼンチンとの準々決勝はPK戦になり、最初に蹴ったストイコビッチが外して負けた。あのPKはみんな蹴りたがらなかった。もしも失敗すると、母国に戻った時に殺されると思ったからです。ユーゴは80年にチトー大統領が死去し、民族主義が台頭。あの時はすでに民族や地域間の対立が激しくなっていた。それぞれ宗教が異なるスロベニア、セルビア、アルバニア、ボスニア人などが互いにいがみ合い、経済力のないボスニア人はスロベニア人から『ボサンツ』などと呼ばれ、蔑まれていた。国民がひとつになってW杯の代表チームを応援するという雰囲気ではなかった。その後は激しい内戦、ユーゴ解体に突き進んだ。そんな背景からW杯の代表選手たちは、ミスをしようものなら他の民族に殺されると身の危険を感じながらプレーしていたのです。日本は平和だし、代表選手はサッカーだけに集中できる。怖いものなどないのですから、1、2戦目はもっと思い切ったプレーを見たかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る