オランダ劇的勝利 8強たぐり寄せた“伝統無視”の戦術変更

公開日:  更新日:

 10年南アW杯で準優勝のオランダ代表が、決勝トーナメント1回戦でメキシコ代表を2―1で撃破。見事な逆転劇でベスト8に進出した。

 大会直前にチームのシステムを伝統の攻撃的布陣「4(DF)―3(MF)―3(FW)」から守備的な「5―3―2」に変更。1次リーグは攻守のバランスがとれ、10得点3連勝で1位通過したが、この日は2トップのファンペルシー(30)とロッベン(30)が封じられ、後半3分にメキシコに先制点を奪われる。

 するとファンハール監督は、同11分にDFに代えてFWを投入。システムを「4―3―3」に変えた。さらに31分に投入した身長186センチのFWフンテラール(30)、両SBをこなしていた184センチのFWカイト(33)を前線に上げて“4トップ”によるパワープレーを繰り返した。

 43分、右CKからフンテラールが頭で落とし、走り込んだMFスナイデル(30)が豪快に蹴り込んで同点。ロスタイムには、ロッベンがエリア内で倒されてPKを獲得。これをフンテラールが決めて逆転勝利をもぎ取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る