オランダ劇的勝利 8強たぐり寄せた“伝統無視”の戦術変更

公開日: 更新日:

 10年南アW杯で準優勝のオランダ代表が、決勝トーナメント1回戦でメキシコ代表を2―1で撃破。見事な逆転劇でベスト8に進出した。

 大会直前にチームのシステムを伝統の攻撃的布陣「4(DF)―3(MF)―3(FW)」から守備的な「5―3―2」に変更。1次リーグは攻守のバランスがとれ、10得点3連勝で1位通過したが、この日は2トップのファンペルシー(30)とロッベン(30)が封じられ、後半3分にメキシコに先制点を奪われる。

 するとファンハール監督は、同11分にDFに代えてFWを投入。システムを「4―3―3」に変えた。さらに31分に投入した身長186センチのFWフンテラール(30)、両SBをこなしていた184センチのFWカイト(33)を前線に上げて“4トップ”によるパワープレーを繰り返した。

 43分、右CKからフンテラールが頭で落とし、走り込んだMFスナイデル(30)が豪快に蹴り込んで同点。ロスタイムには、ロッベンがエリア内で倒されてPKを獲得。これをフンテラールが決めて逆転勝利をもぎ取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  3. 3

    18年入社組でピカイチ TBS宇賀神メグアナの意外な特技

  4. 4

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  5. 5

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  6. 6

    フジ反町理アナは“質問係のおじさん” MCよりご意見番向き

  7. 7

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  8. 8

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  9. 9

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  10. 10

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

もっと見る