オランダ劇的勝利 8強たぐり寄せた“伝統無視”の戦術変更

公開日: 更新日:

 10年南アW杯で準優勝のオランダ代表が、決勝トーナメント1回戦でメキシコ代表を2―1で撃破。見事な逆転劇でベスト8に進出した。

 大会直前にチームのシステムを伝統の攻撃的布陣「4(DF)―3(MF)―3(FW)」から守備的な「5―3―2」に変更。1次リーグは攻守のバランスがとれ、10得点3連勝で1位通過したが、この日は2トップのファンペルシー(30)とロッベン(30)が封じられ、後半3分にメキシコに先制点を奪われる。

 するとファンハール監督は、同11分にDFに代えてFWを投入。システムを「4―3―3」に変えた。さらに31分に投入した身長186センチのFWフンテラール(30)、両SBをこなしていた184センチのFWカイト(33)を前線に上げて“4トップ”によるパワープレーを繰り返した。

 43分、右CKからフンテラールが頭で落とし、走り込んだMFスナイデル(30)が豪快に蹴り込んで同点。ロスタイムには、ロッベンがエリア内で倒されてPKを獲得。これをフンテラールが決めて逆転勝利をもぎ取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る