激戦オランダvsメキシコを台無しにしたNHKの“迷解説”

公開日: 更新日:

 深夜にNHK中継の画面を食い入るように見ていたお茶の間サポーターは、いきなりのおとぼけ解説にみんなひっくり返ったはずだ。

 オランダ―メキシコ戦の見どころについて解説者は、「今大会のオランダは、しっかり守り、ボールを奪って、そこから攻撃していくチームです」と、ボールを蹴り始めた子供でも言える当たり前のサッカーセオリーを語ったからだ。

 好意的にとれば、「オランダは守備に人数をかけて、まずは堅い守備からボールを奪う。そこから、いかに前線のファンペルシー、ロッベンにスピーディーにボールを回して、フィニッシュまで持ち込んでいけるかが見どころですね」と言いたかったのかもしれないが、NHKが起用する解説者にしてはあまりにも言葉足らずだ。

 そもそもオランダは守備的チームといわれているのに、1次リーグ初戦で前回王者スペインとの黄金カードでなぜ5点もとれたのか、1次リーグ3試合で10得点はなぜだったのか、視聴者はそこを知りたかったはずだが、その解説は一切なかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  2. 2

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  3. 3

    江角、滝クリ、国仲…“22歳差婚”武田真治の華麗なモテ遍歴

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    コロナ利用の自分ファースト “女帝”圧勝の内幕と今後<前>

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    緊急寄稿・石井妙子 小池再選を生んだメディアの忖度気質

  8. 7

    木下優樹菜が活動再開から1週間足らず…芸能界引退の真相

  9. 8

    年金8兆円消えた…姑息GPIFが発表「今後失う」衝撃の数字

  10. 9

    ヤクザ役で活躍「ピラニア軍団」故・志賀勝さんの強面伝説

  11. 10

    12時間以上粘り一八の話を聞き出すも…やっさんが顔に水を

もっと見る