ザック「トップ下」推奨も…本田の居場所はミランにあるのか

公開日: 更新日:

 ザッケローニ前日本代表監督がイタリアの地元メディアの取材に答え、ACミランでの本田圭佑(28)の起用法について「ホンダはトップ下でプレーさせればいい」と言及した。「スピードはないが、パワーがある。真ん中の方がいいプレーをする。(昨季は)他のポジション(右サイド)で慣れるように努めていたが、スピードがあるわけではないので、そのポジションでチームメートを助けることは難しかった」とも語った。

 本田はブラジルW杯で1ゴール1アシストを記録したが、不甲斐ないミスやボールロストも目立ち、1分け2敗の“元凶”のひとりとされる。それでも、ザックは「トップ下なら使える」と推奨したわけだが、残念ながらミランに本田の居場所はない。

 来季のミランは、本田を重用したセードルフ監督に代わり、ミランの下部組織を指導していたインザーギ監督が指揮を執る。そのインザーギ新監督の構想に本田は入っているかといえば、極めて可能性は低い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る