朝まで“痛飲”もチームに貢献 楽天・松井稼「不惑目前」の体力

公開日:  更新日:

 これで来年40歳になるのだから恐れ入る。

 8日の日本ハム戦で、楽天の松井稼頭央(38)が五回までに4打数4安打のバカ当たり。4本目を打った時点で8点差ということもあり、代走を出されてベンチに下がった。

 今年の10月で39歳というベテランも、内野のレギュラーを後輩に譲る気はさらさらない。守備位置こそ遊撃から三塁に移ったものの、出場した66試合中、63試合でスタメン出場している。

 グラウンドの外でも、体力は並の選手以上。ある球団関係者が「あれは5月に東京ドームで行われた巨人戦の前日でした」とこう言う。

「少年時代から松井の大ファンという巨人の坂本と六本木に飲みに行ったらしい。翌日に試合を控えていたこともあり、ほどほどで切り上げるのかと思ったら、なんと朝帰り。焼き肉屋を皮切りに朝まで飲んでいたというんですからね。翌日、巨人の関係者が松井に『ウチのハヤト(坂本)が世話になったなあ。朝までだって?』と言うと、『ええ、朝まで。疲れました』と苦笑いしていた。それでもその日の試合はスタメン出場し、安打を放って勝利に貢献したのだから大したものです」

 グラウンド内外で当分は衰えそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る