朝まで“痛飲”もチームに貢献 楽天・松井稼「不惑目前」の体力

公開日: 更新日:

 これで来年40歳になるのだから恐れ入る。

 8日の日本ハム戦で、楽天の松井稼頭央(38)が五回までに4打数4安打のバカ当たり。4本目を打った時点で8点差ということもあり、代走を出されてベンチに下がった。

 今年の10月で39歳というベテランも、内野のレギュラーを後輩に譲る気はさらさらない。守備位置こそ遊撃から三塁に移ったものの、出場した66試合中、63試合でスタメン出場している。

 グラウンドの外でも、体力は並の選手以上。ある球団関係者が「あれは5月に東京ドームで行われた巨人戦の前日でした」とこう言う。

「少年時代から松井の大ファンという巨人の坂本と六本木に飲みに行ったらしい。翌日に試合を控えていたこともあり、ほどほどで切り上げるのかと思ったら、なんと朝帰り。焼き肉屋を皮切りに朝まで飲んでいたというんですからね。翌日、巨人の関係者が松井に『ウチのハヤト(坂本)が世話になったなあ。朝までだって?』と言うと、『ええ、朝まで。疲れました』と苦笑いしていた。それでもその日の試合はスタメン出場し、安打を放って勝利に貢献したのだから大したものです」

 グラウンド内外で当分は衰えそうにない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  6. 6

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  7. 7

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  8. 8

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  9. 9

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  10. 10

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

もっと見る