代表選手に容赦ないブーイング…日本がブラジルに学ぶこと

公開日: 更新日:

 スタジアムの「異様」な雰囲気はテレビからも十分に伝わってきた。

 9日(日本時間)に行われたW杯準決勝のブラジル―ドイツ戦。地元ブラジルはまさかの7失点でボロ負け。

 熱狂的なセレソン(ブラジル代表の愛称)サポーターは、前半30分までの5失点に激怒。後半に入ると、ブラジル選手がボールを持つと激しいブーイングが湧き起こり、敵のドイツがブラジルのエリアに攻め込むと「オーレ」「オーレ」と歓声をあげた。

 取材で2度、ブラジルの地を踏んでいるサッカーライターの小室功氏がこう語る。

「ブラジル人にとってサッカーは、生きる喜び、人生そのもの。国際試合に負ければ長期間仕事が手につかないという人もいる。サッカーに懸ける思いは日本人には理解できないものがある。今大会のブラジルは64年ぶりの地元開催。前回は決勝でウルグアイに逆転負けした『マラカナンの悲劇』があった時です。今回はその舞台となったリオのスタジアムで優勝することが国民の願いだった。その夢が破れ、しかも予想外の失点です。代表に対する熱い思いや期待が大きかっただけに、選手たちに対する怒りが試合中のブーイングになったのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    大野智だけが難色か…嵐「24時間テレビ」不参加の肩すかし

  4. 4

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  5. 5

    河井夫妻起訴の闇 特捜部1.5億円不問の裏切りで幕引きか

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    西村大臣の露骨な“庶民イジメ” 罰則付きでも休業補償なし

  8. 7

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  9. 8

    懲りない黒木瞳 まさかの映画監督2作目で名誉挽回なるか

  10. 9

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  11. 10

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

もっと見る