代表選手に容赦ないブーイング…日本がブラジルに学ぶこと

公開日: 更新日:

 スタジアムの「異様」な雰囲気はテレビからも十分に伝わってきた。

 9日(日本時間)に行われたW杯準決勝のブラジル―ドイツ戦。地元ブラジルはまさかの7失点でボロ負け。

 熱狂的なセレソン(ブラジル代表の愛称)サポーターは、前半30分までの5失点に激怒。後半に入ると、ブラジル選手がボールを持つと激しいブーイングが湧き起こり、敵のドイツがブラジルのエリアに攻め込むと「オーレ」「オーレ」と歓声をあげた。

 取材で2度、ブラジルの地を踏んでいるサッカーライターの小室功氏がこう語る。

「ブラジル人にとってサッカーは、生きる喜び、人生そのもの。国際試合に負ければ長期間仕事が手につかないという人もいる。サッカーに懸ける思いは日本人には理解できないものがある。今大会のブラジルは64年ぶりの地元開催。前回は決勝でウルグアイに逆転負けした『マラカナンの悲劇』があった時です。今回はその舞台となったリオのスタジアムで優勝することが国民の願いだった。その夢が破れ、しかも予想外の失点です。代表に対する熱い思いや期待が大きかっただけに、選手たちに対する怒りが試合中のブーイングになったのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  2. 2

    “仰天婚”山里と“闇営業解雇”入江 吉本芸人の明暗クッキリ

  3. 3

    NGT48崩壊の足音 “山口真帆派”高沢&渡邉が活動辞退を表明

  4. 4

    離婚で女性の敵に…ビートたけしを待ち受けるイバラの道

  5. 5

    安倍首相「他の制度示した人いない」年金議論ガン無視発言

  6. 6

    「闇営業」謹慎処分で一番ワリを食ったガリットチュウ福島

  7. 7

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  8. 8

    八村塁もいずれは大富豪 NBA選手の副収入が“ハンパない”

  9. 9

    日ハム輝星は3回5失点KOでも…中日打者から相次ぐ称賛の声

  10. 10

    ドラマ内定情報も 山口真帆“リベンジの狼煙”早くも上がる

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る