代表選手に容赦ないブーイング…日本がブラジルに学ぶこと

公開日:  更新日:

 スタジアムの「異様」な雰囲気はテレビからも十分に伝わってきた。

 9日(日本時間)に行われたW杯準決勝のブラジル―ドイツ戦。地元ブラジルはまさかの7失点でボロ負け。

 熱狂的なセレソン(ブラジル代表の愛称)サポーターは、前半30分までの5失点に激怒。後半に入ると、ブラジル選手がボールを持つと激しいブーイングが湧き起こり、敵のドイツがブラジルのエリアに攻め込むと「オーレ」「オーレ」と歓声をあげた。

 取材で2度、ブラジルの地を踏んでいるサッカーライターの小室功氏がこう語る。

「ブラジル人にとってサッカーは、生きる喜び、人生そのもの。国際試合に負ければ長期間仕事が手につかないという人もいる。サッカーに懸ける思いは日本人には理解できないものがある。今大会のブラジルは64年ぶりの地元開催。前回は決勝でウルグアイに逆転負けした『マラカナンの悲劇』があった時です。今回はその舞台となったリオのスタジアムで優勝することが国民の願いだった。その夢が破れ、しかも予想外の失点です。代表に対する熱い思いや期待が大きかっただけに、選手たちに対する怒りが試合中のブーイングになったのでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る