ザンバラ髪が女性にも人気 角界ホープ遠藤「全方位調査」

公開日:  更新日:

 大関・稀勢の里を押しのけ、今や日本人として最も横綱に近いとされる遠藤(23=本名・遠藤聖大)。今場所は上位の壁にぶつかり、負け越しが決まってしまったが、ちょんまげも結えないザンバラ力士として女性人気も沸騰中だ。

■まげはそろそろも、大銀杏は…?

 では、その肝心のまげはいつ結えるのか?

 リーブ21によると、標準的な日本人の髪は「1日0・3~0・4ミリ、1年で12センチ伸びる」という。まげが結える目安は髪が肩にかかる長さだから、そろそろということになる。しかし、関取だけに許される大銀杏(おおいちよう)となれば別。「昔の武田鉄矢くらいの長さが必要(40~45センチ)」(元床山)なのだ。ということは、あと2年は“待った”がかかる計算になる。遠藤は昨年の3月場所が初土俵。出世の早さに髪が追いついてこないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る