ザンバラ髪が女性にも人気 角界ホープ遠藤「全方位調査」

公開日: 更新日:

 大関・稀勢の里を押しのけ、今や日本人として最も横綱に近いとされる遠藤(23=本名・遠藤聖大)。今場所は上位の壁にぶつかり、負け越しが決まってしまったが、ちょんまげも結えないザンバラ力士として女性人気も沸騰中だ。

■まげはそろそろも、大銀杏は…?

 では、その肝心のまげはいつ結えるのか?

 リーブ21によると、標準的な日本人の髪は「1日0・3~0・4ミリ、1年で12センチ伸びる」という。まげが結える目安は髪が肩にかかる長さだから、そろそろということになる。しかし、関取だけに許される大銀杏(おおいちよう)となれば別。「昔の武田鉄矢くらいの長さが必要(40~45センチ)」(元床山)なのだ。ということは、あと2年は“待った”がかかる計算になる。遠藤は昨年の3月場所が初土俵。出世の早さに髪が追いついてこないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  5. 5

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る