日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ザンバラ髪が女性にも人気 角界ホープ遠藤「全方位調査」

 大関・稀勢の里を押しのけ、今や日本人として最も横綱に近いとされる遠藤(23=本名・遠藤聖大)。今場所は上位の壁にぶつかり、負け越しが決まってしまったが、ちょんまげも結えないザンバラ力士として女性人気も沸騰中だ。

■まげはそろそろも、大銀杏は…?

 では、その肝心のまげはいつ結えるのか?

 リーブ21によると、標準的な日本人の髪は「1日0・3~0・4ミリ、1年で12センチ伸びる」という。まげが結える目安は髪が肩にかかる長さだから、そろそろということになる。しかし、関取だけに許される大銀杏(おおいちよう)となれば別。「昔の武田鉄矢くらいの長さが必要(40~45センチ)」(元床山)なのだ。ということは、あと2年は“待った”がかかる計算になる。遠藤は昨年の3月場所が初土俵。出世の早さに髪が追いついてこないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事