日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「うまい」からこそ不安になる 角界のホープ遠藤の将来

「あんな相撲は本当の相撲じゃない」
 ちまたでこんな声が聞かれるのが、新鋭の遠藤(23)だ。

 まだ入門1年目とはいえ、技は多彩。土俵際に追い詰められてから逆転勝ちすることも多く、親方衆ですら「見事!」と感心している。

 一方、正面からぶつかって四つに組んでの王道相撲は少ない。なるほど、冒頭のファンのように「曲芸さながらのモンゴル相撲みたいだ」という不満の声が上がるのも無理はないだろう。

 ある角界関係者は「日大相撲部出身の学生横綱であることと無関係ではない」とこう言う。
「学生相撲の大会はトーナメント形式のため、何よりも『勝つ相撲』が求められる。大相撲と違って興行ではないので、どんな手を使ってでも勝てば官軍。そのため、小技やはたきを連発する力士も多い。やはり学生横綱の千代大龍も当初ははたきを多用しすぎて、師匠の九重親方(元横綱千代の富士)から『相撲をなめるな!』と怒られたこともある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事