「うまい」からこそ不安になる 角界のホープ遠藤の将来

公開日:  更新日:

「あんな相撲は本当の相撲じゃない」
 ちまたでこんな声が聞かれるのが、新鋭の遠藤(23)だ。

 まだ入門1年目とはいえ、技は多彩。土俵際に追い詰められてから逆転勝ちすることも多く、親方衆ですら「見事!」と感心している。

 一方、正面からぶつかって四つに組んでの王道相撲は少ない。なるほど、冒頭のファンのように「曲芸さながらのモンゴル相撲みたいだ」という不満の声が上がるのも無理はないだろう。

 ある角界関係者は「日大相撲部出身の学生横綱であることと無関係ではない」とこう言う。
「学生相撲の大会はトーナメント形式のため、何よりも『勝つ相撲』が求められる。大相撲と違って興行ではないので、どんな手を使ってでも勝てば官軍。そのため、小技やはたきを連発する力士も多い。やはり学生横綱の千代大龍も当初ははたきを多用しすぎて、師匠の九重親方(元横綱千代の富士)から『相撲をなめるな!』と怒られたこともある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  10. 10

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

もっと見る